性的魅力に乏しい彼女からデブ熟女に寝取られる美少年すこや

ewe

1:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:29:58 IGu

胸も尻もないけど可愛い同級生の彼女いる14歳の男の子が夜道で50代ぐらいの脂肪の塊みたいなおばさんに逆レイプされるの好き
何回シャワー浴びても取れないぐらい加齢臭が体中に染みついてしまってそう

種搾りプレスかまされて悶絶する中加齢臭と老廃物まみれの汗と胸の谷間の汗で溶けた垢が鼻から口からたっぷりと侵入してきてこってり搾られる頃には脳みそがババア色になってそう

    
性的魅力に乏しい彼女からデブ熟女に寝取られる美少年すこや
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526905798


2:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:31:18 IGu

ババアの加齢臭をそっくりそのままうつされて自分自身の匂いにむせ返りながら乱暴に扱われた足腰をどうにか奮い立たせ屈辱とショックと嫌悪感を募らせて
通行人にすれ違うたびに臭いに顔をしかめられながらもフラフラと帰途についてそう


3:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:32:20 IGu

それからというもの毎晩ババアに乗しかかられ逆レイプされる悪夢を見て嫌な汗かいて目覚めてそう
それから暫くしたある日から目覚めるとき服と髪が汗びっしょりになるだけでなく夢精してパンツも精液ぐっしょりで目覚めるようになってしまいそう
思い出したくもないことの筈なのに


4:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:35:18 IGu

一刻も早く忘れるために夏休み中ってこともあり彼女と会うことが増えそう

小学生かってぐらい華奢であんまエロい身体してないけどおっとりしてて気づかいができて
セックスはお互い勇気なくてまだだけど一度だけ身体の触り合いした可愛くて優しい彼女
だけどセックスはまだってこと思い出して最悪の脱童貞を遂げた事実を再認識しまた落ち込んでそう

それでも彼女とたくさん遊んだおかげで夏休み中に一気に距離が縮まりそう


5:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:37:50 IGu

そして8月も中旬に移り出すある日の夜、ついにおせっせを前提に2人でベッドインしそう
互いに半裸で抱き合ってキスするとき彼女がちょっと眉間にシワ寄せて鼻ひくつかせた気がしたけど見なかったことにしてそう

自分の腕の中で彼女の体温が上がってきてるのを直に感じ
そのことに幸福感を感じながらもジーパンの下のちんちんは一切勃起する気配がなくて
挿入時にはきっと起つから大丈夫って半分無意識で言い聞かせてそう

前回はちょっとキスしたり胸触るだけでビンビンになってたのに


6:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:38:32 ID:tw@ba_mian77

えぇ・・・


7:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:39:01 J9J

こういうホモとか変態が書く文章って謎のセンスがあって草生える
8:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:39:12 IGu

彼女が下になっていつでも来てと言わんばかりに紅潮した顔でこちらを見つめてきて
ぎこちない手つきでパンツを脱がせ両足を優しく持ち上げて自分もズボンを脱ぐけど未だに全く大っきくなってなさそう
焦りながら彼女の身体見つめてしごいてみるけどそれでも全く勃たなくて
半泣きになりながら四苦八苦してると彼女が少し残念そうな顔でもういいよといってきそう
そういう日もあるよと背中に手を添えて慰めてくれる彼女に申し訳なくて余計自分が情けなくなってそう


9:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:39:54 IGu

それからというもの
毎晩悪夢で夢精しながらもそれ以外はリハビリの為一週間ほどオナ禁して
その後エロ動画サイトを開いてお気に入りの動画を見て頑張って抜こうとするけどそれでもほとんど勃起しなさそう

そんな時関連動画のこんなタグが目にとまりそう

・デブ専

・老け専

・Older BBW

おばさんの夏


10:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:41:19 IGu

普段は見かけても「こんなマニアックなものネタ以外で観るやついるのかよ」と気にもとめないタグだったしブラウザバックして別の動画でも探そうとしたけど

やっぱりどうしても気になってしょうがなさそう
自分の脳が今すぐやめろと大音量で警告を発しているのにも関わらず震える右手の人差し指は検索バーに吸い込まれるように近づいていき

「ふ、け、せ、ん」

「で、ぶ」
と一文字ごとに荒くなる呼吸とともにゆっくり打ち込み
変換してそう
検索ボタンを押した瞬間何者かに遮られたように脳内での警報がブツリと止んでそう


11:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:41:55 JhF

消えろ


12:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:42:51 IGu

それから間もなく液晶に広がる快楽に悶えるババアの顔、自分の孫ほど年の離れた男の肉棒をさも嬉しげに頬張るババアの顔、
若い男にまたがりその瑞々しい肢体を貪るように腰を振るババアの姿、腐りかけた果実のようなはち切れんばかりの豊満な胸を支えるババアの土色の体と全く不釣り合いな色鮮やかなビキニブラ、
本人が気づいてない、いや認めたくなかっただけで既にババア色に塗りつぶされていた少年の心をそれらのサムネイルが叩き起きしてそう

少年の目が泳いで心臓はバクバクと強く脈打ち
スクロールするたび股間が熱くなるのを感じてそう


13:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:44:07 IGu

おそるおそるサムネの一つをタップして動画を開き
若い男に押し潰すようにのしかかり腰を振るババアを見てると1分も経たない内にちんちんがこの上なく膨張し始めて
生地の伸びないジーパンの下な事もあってそれが苦しくてもどかしくてたまらなくて
出したさがピークに達して遂にパンツを脱ぐとビンビンに反り返ったちんちんから垂れたカウパーが臍の下のあたりに水たまりを作ってそう


14:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:45:25 IGu

ババアの喘ぎ声がイヤホンから脳に送り込まれる度に付け根からビクつくちんちんに手を伸ばすと
何故か彼女と出会った日のこと、楽しかった思い出や彼女の笑顔が急に頭をよぎりはじめて

それでも息を荒げてながらやっとの思いで震える手で掴んで
すると竿を掴んだ瞬間脳裏に浮かぶ彼女のイメージを掻き消すようにババアの喘ぎ声がより鮮明に聞こえてきて


竿をほんの2、3往復しごいただけで大量に射精してしまって
精液が顔まで飛び散り服をベタベタに汚してしまってそう
そういえばこれ誕生日に彼女に貰ったTシャツじゃん 大事なやつじゃん


15:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:46:02 IGu

もう若い女の子じゃ興奮ひとつ出来なくなってそう
頭では「可愛い子が好き、同年代の子が好き」って考えてるのに 身体の方はもう毛だらけ垢だらけシミだらけの熟れ過ぎた醜く豊満な中年のおばさんの脂肪の虜になってそう


16:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:47:38 IGu

オナニーが終わって賢者モードに入るとその後はずっと自己嫌悪に陥りまくって
しばらくオナニーすることすらやめてそう
でもレイプされる夢はまだ見るけど夢精することもなくなって
それもあって日を追うごとにどんどん欲求不満になっていきそう
いっつも頭の中はババアの裸体とあのむわっとしたババア由来の熱気のイメージでいっぱいで宿題すら手につかなさそう


17:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:50:12 IGu

8月も下旬に入ってきた時、部活も夏の大会が終わって一段落したからその日は午前だけで練習終わってそう 午後からは彼女ん家でデート

昼飯買って帰ろうとコンビニ寄って サンドイッチやおにぎりの陳列棚を見てまわってると


あのババアと偶然にも再会しそう


18:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:50:59 p5f

ヒエッ…


19:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:55:32 IGu

目の前のババアをあのババア、数週間前に自分をレイプしたババア、自分の初めてを強奪したババアだと判別した瞬間、
夜遅くまで長引いた吹部の練習の帰りに太ったババアがやたら尾けきてる気がしたこと
帰り道の途中の人気のない公園で突然組みつかれたこと
文化部のほっそい腕では全く抵抗できなかったこと
きっついラベンダーの香水と化粧品の臭い
頬にべったりとつけられた唾液の泡が少し乗ったキスマーク
三段に重なったババアの腹、頭を抱きかかえるやたらと逞しい二の腕、酸っぱくて臭い汗の臭い、鼻先をくすぐる黒とショッキングピンクのブラのレースの装飾、
真っ黒なジャングルの向こうに鎮座する、ドドメ色の女性器、
ババアのでかい胸と腹の向こうで飲み込まれていく自分のちんちん、万力のような締め付け、
それらが一気にフラッシュバックして吐きそうになると同時に股間がムクムクと天に向かっていきりたってしまってそう


20:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:56:40 IGu

生地の薄い夏用学生ズボンは勃起に軽々と持ち上げられてしまって
公衆の面前ということもあり隠そうと前かがみになるとババアがニタァと笑って厚く化粧の乗ったほうれい線と二重顎のきついむくんだ顔を醜く歪めてそう 歯黄ばんでる


21:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:58:42 IGu

普通に考えて逃げた方がいいに決まってるのに歩み寄ってくるババアからなぜか目が離せなくて
ババアは自分の耳元で「おいで」と囁いてからレジに行って買い物を通すと店をゆっくりと出て行って

少年は考えるより前に足が勝手に震えながらも動いてしまって
当初の目的だった昼飯も買わず店を出て
はち切れんばかりの紫色の長袖Tシャツを纏ったババアの横に広い背中についていってそう


22:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)21:59:04 N4e

ヴォエ!


23:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:00:32 IGu

木々の緑がよく映える青空の下
見慣れた街中で少年はあの夜のこれっぽっちも望んでいなかった非日常をまた思い返してそう
ババアのあらゆる体液でぐしょぐしょになった制服のカッターシャツ、ババアの中で果てた時の屈辱、ババアの両の腋から微かに漂う鉛筆の芯と汗の混じったような臭い、窒息せんばかりに顔面に迫ってきた全く似合わない可愛らしい色彩と装飾のブラにどうにか支えられていた巨大な乳房。
肉割れしまくった巨大な垂れ乳房。
しばらくしてババアは庭の手入れがあまり行き届いてない、1人で住むには若干広すぎるやや古い平家の敷居を跨いでそう
少年は太陽の光をたっぷりと受けるアスファルトの道と敷居の向こうに広がる薄暗い家の間に、
線。

何の線か本人もよく分からない、ただ何か自分を構成する要素、これからの将来の生活、そういうものに少なからず直結する、
一つ明らかなのはその線を超えてしまえば間違いなく「普通の少年」ではいられなくなる、
そんな自分の深層心理が引いたらしい境界線を見出してそう


24:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:01:29 IGu

だけど相変わらず自分の足は全く言うことを聞こうとしなくて
どんどんババアの家の門へと近づいていって
一歩手前でどうにか止まると
すっかり忘れていたあの香り、
自分の身体に依然として染み付いたままの加齢臭が鼻を掠めて
それから一瞬思考が停止して
気づいた頃には門を潜り玄関に入ってそう


25:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:01:58 IGu

ほとんど無意識で機械的に靴を脱ぎ廊下に上がると
急に現実感が出始めて
レイプされた時を除きこれまでの人生でかつてないほど心臓の鼓動が速く、激しくなってそう
そう、彼女に告白した時よりも、彼女と初めて手をつないだ時よりも、彼女と初めてキスをした時よりも、初めて彼女の裸を見た時よりもずっと。


26:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:02:54 IGu

促されるままソファに座るとババアは






お茶を淹れて冷蔵庫から茶菓子を取ってきそう
そのままちゃぶ台を挟んで少年の向かいに座り馴れ馴れしい口調で世間話を始めそう


27:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:03:46 D6K

ショタssニキ久しぶりや!


28:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:06:53 IGu

「ボクーあれだ、あん時の子だよね」
「え...ああ........まぁ......」
そのあとその制服はどこそこの学校だよねーとか学校楽しいかーとかどうでもいいことばっかり聞いてきて
困惑しながらも一応受け答えはするんだけど

襟元が開ききったババアの服の下で揺れるバレーボール大の爆乳に目がいって仕方なさそう
早く帰って彼女ん家行く準備しないといけないのに


29:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:12:46 IGu

自分をレイプした人間が出したもの故に警戒しているのか
はたまた単に別の何かに意識が向いているのかお茶にも菓子にも一口も手をつけない少年をよそにババアが菓子を平らげてお茶を一気飲みして一息(ゲップ)つくと


「よっこらせ」と立ち上がって躙り寄るようにソファに座ってきそう
少年の心の臓がバクンと大きく跳ね上がる


30:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:16:51 IGu

時満ちたことを悟り少年が固まってるのをいいことにババアは少年の腰に左手を、股間に右手を回し
ズボンの上からいきり立つ雄をねっとりと撫で回してきそう
少年は顔を背けてるけどちんちんは出したい出したいと必死で叫んでる
ババアが気色の悪い笑みを浮かべ服の裾を胸の上まで持ち上げ装飾の凝ったセクシーな意匠の下着に包まれた醜く巨大な乳房を露わにすると
少年は目を丸くしてたじろぐも少年のスラックスに張られたテントは脈打ちつつより天井を高くしてそう
丸くなった目はその谷間をまじまじと眺めてそう


31:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:18:22 IGu

ババアはニヤニヤ笑いを絶やさず少年の反応を楽しむように薄手の長袖Tシャツを完全に脱ぎ
ブラのホックを外し焦らすようにゆっくり、ゆっくりと二つの腐りかけの果実の全貌を露わにしてそう
ブラが外されブルンと揺れながら弾け出るように登場したバレーボール大の垂れきった乳房は
干しぶどう、いやサイズ的には梅干しのようなエグい色の陥没乳首と短いものでも2センチはくだらないだろうかという乳毛、そしてほのかな乳臭さを持ってそう
細かく隆起した乳輪腺から触手のごとく乳毛のチョロチョロと生えた歪な茶色い乳輪と中心の乳首は顕微鏡で見た微生物とその細胞核か何かを彷彿とさせそう


32:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:19:35 5CF

また君かあ壊れるなあ


33:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:19:45 HCF

長い


34:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:20:22 IGu

ババアは硬直していた少年の左手を掴むと
右の乳房へと連れ去っていきそう
少年も一度は申し訳程度に手を引いて抵抗するんだけどババアの力は強くて
あっという間にババアの一糸まとわぬ乳房に少年の弱々しい手のひらが着地してしまいそう
一瞬した抵抗ももはや「自分は興奮なんかしてない」と言うための言い訳の材料作りでしかなさそう

だって彼女の薄い尻、ゼロに等しい胸、
そんな退屈なぐらいこざっぱりした女の子の裸しか生で見たことのない男の子にとって

ババアの不潔超絶ワガママドスケベボディは

あまりにも
蠱惑的で


35:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:21:12 D6K

良定期


36:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:22:41 IGu

手の平から伝わるババアの乳房の柔らかさ、脂っぽさ、汗っぽさ。辛うじて形を保っているそれに少年の細い指は容易に埋もれてしまいそう
少年のスラックスのテントの天井にはすでにシミができ目は血走り
少年の頬は上気して仄かに紅く染まってそう
目の前にいるのは可愛い彼女でもグラビアアイドルのお姉さんでもない、アラフィフの太ったおばさんなのに


37:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:27:55 IGu

ババアは少年の意識が完全に汚っぱいだけで満たされてることを確認したババアの右手は少年のテントへの侵攻を始めそう
ずんぐりとした中指で軽く先に触れるとそれだけで腰全体がビクつき股間のファスナーがチャリンと揺れてそう
不意の刺激にそれだけでイッてしまいそうになった少年は脊髄反射で腰を引いてそう
この期に及んでまだ射精するのが恐い。出したくて出したくてたまらないのに、だけどここで出したが最期、いよいよ若い女への興味が完全に消え失せ太ったおばさんにしか興奮出来ない体になってしまう気がしてそう

右手のひらはしっかりと汚っぱいに吸いつきつつも残った左手で股間をガードする少年を見て
ババアはニヤリと笑い突然少年から離れてゆっくり、ゆっくりと服を着直し始めそう
ブラのホックをつける時、元よりデブだからホックが届きにくそうということにかこつけて誘惑するように魅惑的に腰を振り乳を揺らし
舌舐めずりをしつつ猫なで声で尋ねそう





「坊やはどうしたいのよ?あたしゃあどっちでもいいよ」


38:名無しさん@おーぷん:2018/05/21(月)22:31:19 IGu

________

___

_


ズチュッ!バチュン!


「あ“っ!あ”ぁ“ん”?」




ヌプッヌプッ!ズチュン!

「あ“っ?あ“っ?あ”っ?は“ぁ”ん“?」


あれ?

少年が我に返った時、少年はほんのりと橙色のあかりの灯ったババアの家らしき和室の布団で
四つん這いで腰を突き出すババアをバックの体位でしきりに、そりゃもう激しく突いてそう
瑞々しく若い雄と熟れに肥えた雌が汗だくで交わる奇妙なシルエット
雄の手入れが行き届いた短いアンダーヘアと無尽蔵に雌の陰毛が二人を繋ぎ止めんとするかのように絡み合う
ベッドのシミももうどっちの汗か、どっちの汁かわかんない
布団の横には散乱するティッシュ
まるでその和室そのものがババアの胎内であるかのよう


39:名無しさん@おーぷん:2018/05/22(火)11:10:24 cct



42:名無しさん@おーぷん:2018/05/25(金)22:04:01 ND2

あれ??
何してたっけ。


ちんこが望むままに猿の如く腰を振り続けつつそんなことを頭の片隅で考える
時計の短針は7時をさしてた
パンッパンッパンっという鋭い水音に少し遅れてババアのデカ乳がぶるんぶるん揺れる
腰を振るごとに少年の汗が髪から顎から滴り落ちババアの背中の上の汗粒と混ざって広大な肌色の上で小刻みにふるふると動き回る

我に返ってすぐ五感に飛び込んできた情報量が多すぎて 頭の中はまた化粧臭い汗臭いピンク色の空気で満たされてしまって
同時に竿の付け根から急速に熱い熱い何かが昇ってきそう
背筋が大きく震え上がるほどに雪崩れ込む快楽の津波に揉まれ腰がいうことを聞かなくなって ババアの背中にのしかかるようにしがみついてしまいそう
ブヨブヨな旨を一心不乱に揉みしだきながら顔を真っ赤にし肩で息をしていると少年とババアのアエギ声と息遣いが共鳴するように部屋を満たし始める
付き合いの長いカップルでも滅多に出来るものじゃない、深層心理レベルで繋がる本物のセックス
汗でじっとりと濡れたババアの背中が少年の恐怖や不安感の捌け口となり 故に少年はババアから離れるという選択肢を選べなくなってしまう
イク、イク!イク!
サボテン同然になってしまった脳が紡ぎ出した言葉が呂律に回らない舌から恥ずかしげもなく漏れて




びくっっ!!ビュルッ!!ビュルルルル!!!!!
パン!....パンッ!....ビュクゥッ.........

ドクッドクッドプッ.......

あーぁ 彼女のデートすっぽかしてその辺のおばさんとセックス楽しんであまつさえ本日三度目の中出ししちゃったよこの子は


43:名無しさん@おーぷん:2018/05/25(金)22:14:55 ND2

「あーあーもうひっつき虫かあんたは」

半ば意識飛んでる状態で ババアにしがみついたまま名残惜しそうにゆっくり腰振ってたらババアが荒い息でそう言いながら体勢を変えて転がし降ろしてきそう
膣から抜かれたまだ硬いちんちんがパチンと跳ねて少年のへそに当たる

「見かけによらずやるじゃんね坊や。昼間っからぶっ通しだよ、若いねえ」
二人の汗がしみ込んだ掛け布団に埋没してるとババアが頭上から話しかけてきて すると後からゆっくりと大きくなるであろう後悔がほんの少しだけ見え隠れし出しそう 性欲、情欲のもやに見え隠れ
橙色の灯りで照らさらたこの部屋にいる限りきっとそのもやは晴れない


44:名無しさん@おーぷん:2018/05/25(金)22:21:01 ND2

ババアがもう返事する元気すらない少年を仰向けにすると
もう甘勃ちになってるちんちんがしなやかに揺れそう まるで少年のなけなしの元気が根こそぎちんちんに集められているかのよう
「ほんと、元気ねぇ」
ババアはそう言うとやたら強めの握力で少年の竿を握り 脂ぎった舌でねっとりと舐め回しはじめそう
お掃除フェラなのにさらに汚されてるように見える


45:名無しさん@おーぷん:2018/05/25(金)22:31:17 ND2

「元気、元気」
ひとしきり唾液を塗りたくると竿をぎゅっと握ったままアイスキャンディーのように口に頬張りそう
「ん、んふ...ん」
艶かしいしゃがれた声を漏らしながら亀頭をねぶりまわす

「.....ム...」

「んむ?」

少年がやっと口を開いたのを聞いたババアはフェラの手と口は止めず少年に相槌を打ちそう

「ゴム.......つけて......な......」
チュパンッ
丁度お掃除を終えたババアが口を窄め軽く吸いつきながらもちんちんを吐き出して言いそう
「あぁー、大丈夫大丈夫、あたしゃね、もう上がってんの。閉経してるから中出しし放題よ~」

またあのニヤニヤ笑いでブサイクな顔をさらに歪め少年にウインクして タオルで体を拭いて就寝用の肌着に着替え始めそう


46:名無しさん@おーぷん:2018/05/25(金)22:33:34 ND2

帰り道のことはあんまりよく覚えてない
制服のままどこほっつき歩いてたのと小言を垂れる母さんをいなして部屋に入り倒れこむようにベッドに入る
スマホをなんとなく見てやっとラインの未読16件に気付きそう 全部彼女
ババアとやってる最中もいっぱい送ってた
通知切ってた訳でもないのに気づかなかったなんて


47:名無しさん@おーぷん:2018/05/25(金)22:42:03 ND2



48:名無しさん@おーぷん:2018/05/25(金)23:09:12 ND2

とんでもないことをしてしまったという罪悪感が胃の辺りにじわじわとゆっくり急速に襲い来る
でもホントのこと話すわけにはいかない もうこれっきりにしよう
そう割り切って言い訳を考えるけど何も浮かんでこなさそう
「夏バテで倒れて連絡するガッツもなかった、ホントにごめん!」は親に聞かれたら終わりだし
「忘れてた!」とかも論外
既にアイスクリームを舌で舐め回すかの如くババアにとろとろにされた脳をフル回転させたらあっさりフリーズしてしまい
そのまま夢の世界へ沈んでいきそう
どんな夢かって?もちろんいつもと同じ、ババアと熱く、激しく愛し合う夢だよ


49:名無しさん@おーぷん:2018/05/26(土)07:33:42 L9e

第1部



50:名無しさん@おーぷん:2018/05/26(土)18:12:35 L9e

的なw


55:名無しさん@おーぷん:2018/05/30(水)02:50:14 LVT

次の日は夏休み最後の登校日

「ほんっとにごめん!!!」
少年は彼女に会うなり頭を90度下げて両手を合わせて謝ってそう
少年が考えた言い訳はこうだ 塾の振替が突然入って連絡する暇がなかった
多少強引だけどこれなら親に聞かれる心配もない
頭上げてよ、ってすぐに彼女が言うから恐る恐る顔を上げると
「ほんとのほんとに?」って彼女が聞いてきそう
腰に手を当てほっぺを軽く膨れさせ少し身を乗り出してこちらの表情をうかがってはいるけど言葉の怒気はあまり強くなく むしろ心配してるような気色
顔を見合わせてると次第に彼女は少年の表情の変化を細かく観察するようにじとーっとした目つきになってきて 故に少年も瞬き一つせずじっと彼女の顔を見つめ返す

「.....許す!」
そう言うと彼女は一変して一点の曇りもない笑顔を向けてきそう 可愛い
ホッと安心したのと同時に一層少年の胃に石の如くもたれかかる罪悪感 そして微かな背徳感が少年の胸のあたりをねちっこい手つきで撫でてきそう


56:名無しさん@おーぷん:2018/05/30(水)03:02:35 LVT

「でも来年受験生なんだし自己管理ぐらいちゃんとしなきゃダメだよ、今度同じ理由ですっぽかしたら承知しないんだからね」

大好きな人と一緒にいるのが楽しくてたまらないと言わんばかりに鼻歌混じりに少年の少し先を歩いて校門へ向かう彼女
うん、やっぱり世界一可愛い、そう少年は心の中で再確認してそう
大丈夫、もうあのババアのことは忘れよう、この子って一緒ならきっと忘れられるはず、少年はそう自分に言い聞かせて少し歩調を早め彼女に追いついてそう

でもあのババアどっかで見覚えあるんだよなあ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

コメント

1 . 2018年06月23日 01:41▼このコメントに返信

文末「そう」ばっかじゃねーか

トラックバック

aaaaaaaa