怖い話が集まり結果として百物語になるスレwwwwwwww

eew

1:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)00:46:49 n6Y

ひょっとこのお面

俺の爺さんには従兄がいたらしいんだが、10代前半で亡くなっている。
それがどうも不自然な死に方だったというので、
死んだ当時は親戚や近所の連中にいろいろ騒がれたんだそうだ。


戦後すぐの物がない時代のある日、
その従兄は友達と何か売ったり食べ物と交換したりできるものはないかと、実家の蔵の中をあさっていた。
その従兄はうちの本家の人間だったので、
蔵にはガラクタとも骨董品ともつかないものがごちゃごちゃとあったらしく、その中から何か見つけてやろうと思ったらしい。
探しているうちに、ひょっとこのお面を見つけたそうだ。

そのお面が気に入ったのか、従兄はそれをかぶって通りに飛び出し、でたらめに踊りだした。
もちろん一緒にいた友達連中にもバカ受けで、ひとしきり大騒ぎして、
そのまま夕方までひょっとこの面をかぶって遊んでいたらしいんだが、
そのうちに従兄が何かにつまづいたか、突然転んで道に倒れて動かなくなった。
最初はふざけてるのかと思ったが、呼んでもゆすっても返事がないので様子がおかしいと思い、
すぐに抱え上げて、本家の座敷に連れて帰った。
倒れたままの状態で身体はほとんど動かないが、かすかな声で「面を・・・面を取ってくれ・・・」とうめくのが聞こえる。
あわててひょっとこの面を取ると、顔色は土色、唇は紫、すっかり生気がなくなっていて、まさに死人の顔だったという。
もうほとんど呼吸もはっきりしない状態の従兄をみて、家族も半ば覚悟して医者を呼んだ。
従兄が倒れてから医者が来るまで、実に30分と経っていないはずだった。
しかし、駆けつけた医者は従兄をすこし見てすぐに、厳しい調子で家族に言った。
「どうして放っておいたんですか!?亡くなってから半日は経ってます」

   
怖い話が集まり結果として百物語になるスレ
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527349609


2:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)00:50:26 Js1

あと少しで今年の半分になること


3:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)00:50:49 n6Y

道を教えて下さい

「道を教えて下さい」
夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。
足が異様に細くバランスが取れないのかぷるぷると震えている。
同じように手も木の枝のように細く、真っ赤なハンドバッグをぶら下げている。

はあはぁと何度もため息なのか呼吸なのか分からない息を吐き、
僕に聞いているはずなのに視線はまったく違う方向を向いている。
「あ・・あの。どちらへ・・・?」
やばい人っぽい。

僕は早く答えて立ち去ろうと思った。
「春日谷町1-19-4-201」
「・・・・・・」
そこは僕のアパートの住所だった。

部屋番号までぴったりと合っていた。
「し、知りません」
僕は関わり合いたくないと本気で思い、そう答えた。
すると女はゴキッと腰が折れ曲がるほどにおじぎをして、
またふらふらと路地の奥へと消えていった。


4:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)00:58:11 n6Y

大学一年に、友だち二人と心霊スポットに出かけたことがある。
山中のキャンプ場跡地なんだが、殺人鬼が現れると言う噂があった笑

道中迷ってしまい、キャンプ場に続く道に到着したのは、午前四時近くだった。
友だちは肝試し自体乗り気ではなく、
しぜんと自分が先頭を歩くかたちになった。
騒いでみせたり怖がらせたりして、テンションを上げようとしたが、
微妙な空気のまましばらく進んでいった。

ライトのわっかを追ってこわごわ進んでいると、少し前の地面に光るものがでてきた。
近づくと、大きな水たまりだった。
後ろの二人に水たまりがあるから気をつけろと呼びかけたが、
分かったから急に大声を出すなとの返事。気が小さすぎると呆れた。
助速をつけて水たまりを飛び越えて、どうよ?と冗談めかしたが、連中はああ分かった分かったとだけ。
いい加減ムカついた。

その後現場の壊れたロッジをみて回ったが、だいぶ荒らされて、ラクガキだらけだった。
しかも割とすぐ、空が明るく。。
どっちらけの空気になり、早々と引き上げることになった。


そのまま来た道を戻ったんだが、その時は水たまりなんか忘れていた。

変だと気付いたのは山を降りてファミレス入ったあとで、
友だちが俺のテンションが異常だったっていう話をした時だった。
何もない所で水?がどうしたと喚いたり、
急に走りだしたかと思うと、飛び跳ねたり、
おまえが一番怖かったと言われた。

最初、何のことを言ってるのかも分からなかったが、水たまりのことだと気付いて驚いた。
帰り道、確かに水たまりを見なかった。。
よく考えたら、あれだけおおきい水たまりが一つだけあるのも不自然だった。
まったく意味が分からなくて、不思議な、夢のような感じがした。

その心霊スポットは別になんの因縁もないただの廃キャンプ場だって分かっていたから、
(なんとなく大学でこういう事がしたかっただけ。)余計に得体がしれなかった。


5:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:05:14 m8d

自宅が禁煙で深夜にガストでドリンクバー頼んでダラダラする癖があって
今日も一時間くらい前から優雅におんJ見たりしてたんやけど
視界の端で隣の席(高めのブース区切りがある)のおっさんが
半腰くらいの高さで立ち上がってるのが見えて
ワイが何の気なくスマホから目離したら座ったんや
内心(なんやこいつ…。今こっち見てたんか?キモいな)と思いつつ
ちょっとどんな奴か見たろ思って飲み物取りに行くついでにその席見たら誰もおらんかった
6:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:07:48 rDu

夜道歩いてるときに年に二、三回は
「あ、後ろにおるな」って時がある。


7:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:10:28 VKT

こないだ妹の部屋でうんこしてたら入ってきた妹が叫び始めた
様子がおかしいので母親を呼ぶと母親も叫びだす
最後には救急車まで呼ばれて運ばれたってわけ


8:■忍法帖【Lv=1,マージマタンゴ,9MG】:2018/05/27(日)01:12:17 fI8

>>7
また俺なんかやっちゃいました?


11:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:16:03 Js1

>>8
大事なことしてるよね


10:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:15:12 VKT

>>8
妹の部屋で糞垂れ流して自殺してたのが発見されたんやぞ


12:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:17:21 Js1

>>10

自分の部屋でやれ


9:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:14:57 jhe

妻が家で強盗に襲われたらしい。
妻の安否を確認すると持っていた包丁で強盗を撃退したらしい。
妻を迎えに警察署に行くと、妻は「インターホンが鳴ってあなたかと思って玄関にでたらいきなり襲い掛かってきたの」と言った。
私は妻を抱きしめながら怖かっただろうとその頭を撫でた。


15:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:20:15 YWl

>>9
この夫殺されてまうで


13:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:18:56 VKT

自宅でシャワーを浴びてたら居間から大きな一つの叫び声が聞こえた
慌てて居間に飛び出ると、見知らぬ男と両親・兄の死体が転がっていた
男は私の顔を見るなり慌てて逃げていったが、私は頭が真っ白になり立ちすくむしかなかった


22:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:25:38 VKT

>>13
これは殺害したのは私自身
たまたま空き巣に入り込んだ泥棒が殺人現場に遭遇してしまう


14:店長◆vOuZL6dAnK.C:2018/05/27(日)01:19:19 wym

夜中に帰ることが多いんやが、ある時いつも通る道すがらにある団地の窓を見ると、でっかい女の顔が見えた

思わずぞくっとしたんやがよくよく見ると、なんかポスターみたいなのが貼ってあるみたいで「何や…」と安心して通りすぎたんや


翌日同じくらいにまたそこを通ったんで確認のつもりで見てみたんやが、もうそのポスターみたいなのは無かった


16:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:21:33 ejk

ワイ(18)の登頂部から髪の毛一個大隊が撤退した


17:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:22:53 jhe

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。 背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけて んの。 これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。
そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。 あ~あ、ビックリさせやがって全く。


18:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:23:05 VKT

こないだ私の家で親族そろってパーティーをした後に集合写真を撮ったんだけど、見知らぬ女性が背後に写っていた
怖くなって霊媒師に写真を見せたんだけど、霊的なものは感じないと言われてとりあえず安心した


20:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:23:55 VKT

>>17
>>18
ワイたちはどういう関係なんだっけ


21:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:24:36 n6Y

>>17
>>18
早速不思議なこと起きてて草も生えない


25:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:37:12 jhe

>>17
>>18
草ァ!


19:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:23:48 n6Y



ある家族が登山を楽しんでいました。
その家族の中にひとりの少年がいたんですが、彼は好奇心旺盛で
家族とは離れて勝手に山道を進んでいきました。
しかし彼はうっかり山道で迷ってしまい、とうとう暗くなってきて、
本気で焦っていると悪いことは重なるもので、穴に落ちてしまいました。
その穴はかなり深くとても自力では登れそうにありません。
助けを呼ぼうにもこんな山奥に人がいるわけもなく、彼は死を覚悟しました。
 何時間たったでしょう?穴の上で落ち葉を踏む音が聞こえてきました。
彼は必死に大声を張り上げ助けを求めました。
すると、穴の上から一人の男性が顔を覗かせました。
 その男性は何もいわず黙々とその少年を穴から救い出しました。
そしてふもとまで送ってもらいました。

少年は大人になるまでその男性の姿形をなぜかハッキリと覚えてい
ました。
しかしそんな記憶も歳をとるごとに薄れていくのは言うまでもないことです。
彼が40歳になった時、再び同じ山をのぼることになりました。
 しばらく山道を歩いていると山道にポッカリと大きな穴があいてるのに
気付きました。
 なんだろう?と思いその穴を覗き込むと........。


23:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:27:00 YWl

>>19
これすき


24:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:30:38 VKT

実は先月とあるビデオに出演したんだ
小銭が欲しくて出てみたんだけどなかなか楽しかったよ
特定?大丈夫、マイノリティ向けのビデオだからね
タイトルは・・・真夏の夜の何とかって聞いたよ


26:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:37:57 jhe

一人暮らしをしている大学生の男がいた。
男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。
大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。
最近は誰かにつけられてる様な気もしてきた、
流石に気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。
男が「もしかして…ストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど…
警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」
と困っていると、友人は
「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、
もしストーカーが部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、
不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」
と具体的な解決策を提示してくれた。
やはり持つべきは友!これは良い案だ!と思った男は早速次の日の朝、
部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。
大学から帰ってきた男は焦った、久々に部屋に違和感がある、
「これは期待出来る、マジにストーカー写ってるかも…」と思いながらビデオの録画を止め、再生した。
しばらくは何も写らなかった。
しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。
「…!!!!!!」
ビビった男はすぐに友人に電話をかけた、
「ヤッベー!写ってる写ってるストーカー写ってる!!!!」と若干興奮気味に伝え、
それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。
「ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度は服の匂い嗅いでる…キメェ!!」
m今までコイツは何回も来ていたのかと思うと、男は背筋が凍る思いだった。
「これで警察も動いてくれるなぁ」と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。
「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」などと友人と喋っていると、
また誰かが部屋に入ってきた。
男は言葉を詰まらせた。
部屋に入って来たのは自分だった。
そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める、そこでビデオは終わっていた。


27:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:38:46 VKT

最近一人暮らし始めたんだけど、たまに女の幽霊が出てくるんだ
深夜になるとどこからともなく現れて、耳元でぶつぶつ言ってるんだ
あまりにもしつこいんで、布団の中で全裸待機してたらまんまと現れたもんで、目の前でフルチン見せつけたら「ちっさ・・・」とか言いやがるんだ
腹が立ったんで顔射してやったら涙目ウルウルになって逃げてったよ

今では三人の子供に恵まれました


28:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:39:14 kOa

今何話目?


29:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:41:28 jhe

怖いから部屋から風呂まで全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/
だるまさんが転んだは平気だったむしろ風呂でて部屋の電気つけるとき掛けてた靴が落ちた時のほうがビビったw


30:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:42:42 VKT

>>29
幽霊「つけっぱなしは良くないから消しておいたぞ」


32:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:44:28 jhe

>>30
有能w


31:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)01:44:19 jhe

老人が男に言った
「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、
男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが
まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい
男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのに
リスクは無なさそうだったからだ
参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」
男は笑顔で5万円を差し出した
ゲームが開始した
スタート時から賞金は男の目の前にあった


33:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)20:48:34 n6Y

被害者の写真


ある誘拐殺人事件は、報道の範囲の例としてしばしば引き合いに出される。
被疑者の自室が暴かれたことも問題視され、マスコミ各社に講義が殺到したが、一番多かった問い合わせは
「テレビに映し出された被害者の写真がまばたきした」というものだったことは知られていない。


34:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)20:49:34 mjr

ワイもしていい?


38:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)21:41:07 n6Y

>>34
もちろん


35:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)21:34:21 m6m

日本にも真実の口というものがあります。もちろんレプリカなどの話ではありません。
県内では有名な話。
三人の学生が、同級生をイジメていた。
その日も、三人の学生達はいつものように同級生をイジメてた。校舎の裏の山で、蹴ったり殴ったり。
散々イジメて、そろそろ今日は終わりという時、一人の学生が大きめの岩に人の手が入りそうな穴を見つけたんです。
イジメる人というのは刺激を求めるもので、その学生達もその穴に興味を示したんですね。そして、イジメの対象である同級生に、手を入れるように指示をした。
イジメられてる同級生は、当然それに従って手を入れますよね。入れるんですが、意外にも手首を少し過ぎる辺りまでしか入らなかった。
それを見た三人は、期待ハズレの声をあげて、何も悪くない同級生を罵倒しだした。
と、一人が棒を持って、その穴に入れている手を思い切り殴った。
この岩、入れるときは分からないんですが、まるで返しのようになっているんですよ。
腕を殴られた勢いで手首にその返しが引っ掛かって、肉がえぐれ、その生徒は結果的に手首から先を失ってしまった。
そして、イジメていた生徒達を恨みながら、病院の窓から身を投げたんですね。

さて、そんなことがあってから、いつの間にかこの場所が心霊スポットになってしまった。
深夜にイジメられた生徒の悲鳴が聞こえるとか、岩の穴から血が流れるとか。

ある日、度胸自慢の学生が三人やってきたんですね。この三人も、度々イジメや問題行動を起こしていた。
度胸自慢ですから、誰が手を入れる、なんて話が始まった。そのうち、仕切り屋のような一人が、二人を出し抜いて手を入れた。
出し抜かれた二人は文句を言いながら「どうだ?」「なんかあるか?」と気になって仕方がない。
と、
「手首、かえして」
声が聞こえた。
何がなんだか分からない様子で三人がボーッとしてると、また
「手首、かえして」
いくら度胸自慢でも、さすがに怖くなって急いで手を抜こうとしたんですが、返しがあって手首がえぐれたという話を聞いていますから、急いで抜くのをなんとか堪えて、そして、恐怖心を吹き飛ばしたいというのあったんでしょうね。
冗談で
「かえしてやるよ、ほら」
と、下向きで入れていた手を、上にむけてかえした。
瞬間、上からその手が捕まれて
「貰うね」
と聞こえた。

そして、その学生は手首を失った。
反射的に引っ込めた手の肉を、返しがえぐっていて、その様子はイジメられた学生の傷によく似ていたそうです。


36:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)21:36:21 m6m

スレが終わってた


38:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)21:41:07 n6Y

>>36
定期的にやってくで


37:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)21:40:25 m6m

この岩、県内ではとても有名なんですが、誰でも見つけられるわけではないそうなんですね。
誰かをイジメてたり、非行を行う生徒だけが、見つける事が出来るという。
その岩にこもったイジメられた生徒の怨念が、どうやら真実を見極めているようですね。


39:名無しさん@おーぷん:2018/05/27(日)21:42:12 RiJ

白物語に見えたわ
怪談白物語


40:名無しさん@おーぷん:2018/05/29(火)23:58:37 UtQ

もっと


41:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)07:21:24 i5I

医師のカルテ

これは2年前の夏、まだ私が中途で入職したての頃、病院で夜勤中に体験した出来事です。

その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。
何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした。
そこで当直医から「カルテが必要」と言われ、内科外来へカルテを取りにいきました。

救急室と内科外来は場所がかなり離れており、5分くらい歩いてたどり着く所にあります。
夜間なので内科外来までの電気は完全に消えており、懐中電灯を持って取りに行くのです。
病院勤務は慣れていたものの、やはり怖いなーと思いつつ、私はカルテを取りにいきました。

やっとの思いでたどり着き、内科外来のドアを開け、電気をつけます。
やはり夜の病院というのはとても不気味です。実際に何人もの方が亡くなっている場所なので、霊という存在に対して敏感になります。
必死で今度の休みは何をしようか、などと楽しいことを考えながらカルテを探し、見つけて帰ろうとすると、先程開けたドアの前にカルテが一冊落ちていました。
見てみると、そのカルテは山中さんという方のものでした。


42:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)07:21:48 i5I

医師のカルテ2

こんなとこにカルテなんて落ちてたかな?と思いつつ、元あっただろう場所へ戻しておきました。
その瞬間。

プルルルルルルル

電話が鳴りました。
この時間に内科外来に電話…?
疑問に思いつつ電話をとってみると
「……みてよ…」
と囁くような声がしました。
私は真っ青になり、一心不乱に内科外来から抜け出しました。
そして救急室に戻り、先輩に今あった出来事をすべて話しました。
すると先輩は真っ青になりながら私に昔の話をしてくれました。

最近までこの病院で働いていた山中という研修医がいたこと。
そして、その山中という研修医が夜勤中にトイレで首を吊っていて、満面の笑みで死んでいたことを。

あの声は研修医の山中という方だったのでしょうか。
だとしたら、彼は一体何を見て欲しかったのでしょう。
カルテの中には、何が書いてあったのでしょうか…。


43:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)07:22:44 i5I

助手席に話しかける人

先日、車にのってちょっと買い物に出かけたのよ。
んで目的地に向かって走ってたら前に車が入ってきたんだ。

最初は別に気にもしてなかったんだけども、ふとなんか気になったのよ。
その車の運転手、なんかうるさいくらい助手席の奴に話し掛けてるんだよ。
まぁ後ろから見てたんで黒いシルエットしか見えないわけ。

でもなんかこう助手席向いたり体近づけたり、あんまりその動きが激しいもんで俺さ

「こいつちゃんと前みてんのか?彼女かなんかしらんが事故に巻き込むなよ」

っておもったのよ。
そしたら前の車が右折のために車線変更して赤信号で止まったわけ。
そうなると必然的にその車と並ぶじゃない?
んで見たわけよ、どんな奴がどんな奴に話し掛けてるのか、気になるからさ。

運転手は中年くらいだった。
んでそいつが今信号待ちしてる間も話し掛けてる相手はさ

マネキンなんだよ。

一気に鳥肌たってすぐに目そらした。
んでそのままその車は右折していった。
俺はその日おとなしく家に帰って寝たわ。


44:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)07:24:36 i5I

ビデオメッセージ

会社の同僚が亡くなった。
フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。

Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で、休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。

亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。
「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」

趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見せてほしい、ということだった。
俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろといったが、クライミングをやめることだけは絶対に考えられないとKはきっぱり言った。いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。

Kの家で撮影したらバレるので、俺の部屋で撮ることになった。
白い壁をバックに、ソファーに座ったKが喋り始める。

「えー、Kです。このビデオを見てるということは、僕は死んでしまったということになります。
○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、今まで本当にありがとう。僕の勝手な趣味で、みんなに迷惑をかけて本当に申し訳ないと思っています。
僕を育ててくれたお父さん、お母さん、それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、どうか悲しまないでください。僕は天国で楽しくやっています。
皆さんと会えないことは残念ですが、天国から見守っています。
××(娘の名前)、お父さんはずっとお空の上から見ています。だから泣かないで、笑って見送ってください。ではさようなら」

もちろんこれを撮ったときKは生きていたわけだが、それから半年後本当にKは死んでしまった。
クライミング中の滑落による事故死で、クライミング仲間によると、通常、もし落ちた場合でも大丈夫なように下には安全マットを敷いて登るのだが、このときはその落下予想地点から大きく外れて落下したために事故を防ぎきれなかったのだそうだ。

通夜、告別式ともに悲壮なものだった。
泣き叫ぶKの奥さんと娘。俺も信じられない思いだった。まさかあのKが。

一週間が過ぎたときに、俺は例のビデオをKの家族に見せることにした。
さすがに落ち着きを取り戻していたKの家族は、俺がKのメッセージビデオがあるといったら是非見せて欲しいと言って来たので、ちょうど初七日の法要があるときに親族の前で見せることになった。

俺がDVDを取り出した時点で、すでに泣き始める親族。
「これも供養になりますから、是非見てあげてください」
とDVDをセットし、再生した。

阿良々木ダークネス2 


45:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)07:26:32 i5I

ビデオメッセージ2

ヴーーーという音とともに、真っ暗な画面が10秒ほど続く。
あれ?撮影に失敗していたのか?と思った瞬間、真っ暗な中に突然Kの姿が浮かび上がり、喋り始めた。
あれ、俺の部屋で撮ったはずなんだが、こんなに暗かったか?

「えー、Kです。このビデオを・・るということは、僕は・・んでしまっ・・いう・・ります。
○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、今まで本・・ありが・・・」
Kが喋る声に混ざって、さっきからずっと鳴り続けているヴーーーーーーという雑音がひどくて声が聞き取りにくい。

「僕を育ててくれたお父さん、お母さん、それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、どうか悲しまないでください。
僕はズヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア××(娘の名前)、お父さん死んじゃっヴァアアアアアアアアアアアアア死にたくない!死にズヴァアアアアアアアにたくないよおおおおヴヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア、ザッ」

背筋が凍った。


46:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)07:27:54 i5I

ビデオメッセージ3

最後の方は雑音でほとんど聞き取れなかったが、Kの台詞は明らかに撮影時と違う断末魔の叫びのような言葉に変わり、最後Kが喋り終わるときに暗闇の端から何かがKの腕を掴んで引っ張っていくのがはっきりと見えた。

翌日、DVDを近所の寺に持っていったら、処分をお願いしますという前に住職がDVDの入った紙袋を見るや否や
「あ、それはうちでは無理です」
と。


48:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)23:07:03 9je

虫取り

田舎に住んでる私は小さい頃、カブトムシが好きでよく森へ取りに行った。

近場は皆がよく知ってる場所の為、既に捕られてる場合が多いんで、多分自分しか知らないと思われる場所に行く事にした。
自転車を必死でこぎ、やっと目的の場所に着いた。

そこは山のふもとで山菜取りの人間がたまに来るぐらいで人気はない所だった。
早速中に入りカブトムシが集まる木をチェックしてまわり始めた。
した事ある方なら分かると思うがカブトムシやクワガタをとるには木を思いっきりけとばし落ちたモノを捕まえるのが一般的である。


早速蹴飛ばし始めたのだが、あまり捕れないんで奥へ奥へと進んで行き、ある木に辿り着いた。私が渾身の力で蹴ると何やら視界の中に揺れるモノが・・・・

首つり死体だった。

私は悲鳴を上げて逃げ戻り民家を見つけると事情を話し警察を呼んでもらった。
病気を苦に自殺した方らしいです。
それ以来もちろん捕りに行ってません。
忘れる事が出来ないからです。

何故なら夜になると窓に揺れる首つり死体の影が毎日の様に映るからです


49:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)23:08:31 9je

電波ジャック

7月のある日曜日の深夜、自室で眠っていた私はふと目が覚めました。

テレビをつけたまま寝てしまっていたようで、消して寝る前に、タバコを1本吸いながらぼーっとしてました。


テレビの画面には某局のカラーバーが流れていました。
日曜日の夜中ですから当然ですね。
「ピー」という信号音が聞こえるだけです。

一瞬灰皿に視線をそらし、その後画面に視線を戻した瞬間でした。

「7月 5日  は もう一度」

という文字が画面上に浮かびあがりました。

ほんの一瞬です。すぐ消えました。

画面上に緑色のようなフォントで、文字間のスペースもこんな感じだったと思います。

深夜のカラーバーに関する類似した話を聞いたことはありますが、これは何なんでしょうか。

割と鮮明に覚えているので夢とも思えない・・。

ちなみに7月5日ってミサイル発射の日なんですよね。


50:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)23:13:48 9je

今22話 まだまだ先は長いな ほなまた


51:名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)23:15:34 9je

誰でも自由に怖い話語ってくれてええで
体験談から有名な話でも意味怖でも大歓迎や!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

コメント

トラックバック

aaaaaaaa