満員電車内ワイ「ひぃっ…手が女性に触れてしまった…うわカバンも触れてしまった…」

tikan365-2

1:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:07:39 Okx

ワイ「うわぁあああ呼吸したら匂いを嗅いでしまった…ごめんなさいごめんなさい…(社会的に)殺さないで…」

毎日こんな感じや
割と本気で女性恐怖症になりそう

満員電車内ワイ「ひぃっ…手が女性に触れてしまった…うわカバンも触れてしまった…」
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524917259


2:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:08:10 k9I

男にべったりくっついとけ


4:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:09:16 Okx

>>2
満員電車を甘く見すぎや
ポジショニングなんかまともにできんで


3:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:09:00 CL0

糖質やんけ


10:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:10:21 Okx

>>3
だって女には間接的にでも触れたら痴漢・セクハラなんやろ?
ビビるに決まってるやん


5:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:09:17 xFG

ワイもこうや
ちな中二


8:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:10:13 CL0

>>5
中学2年生の僕は電車で通学してたので、朝の満員電車がとても嫌でした。
その日もつり革につかまってたら後から乗ってきた人に押されて
車両の真ん中に追いやられてしまい、体が斜めになったまま身動きが取れなくなりました。
この電車は僕も含めてほとんどの人が終点まで降りないので、
僕はこの状態で我慢するしかありませんでした。

駅を出発してすぐに僕の股間に何かがぶつかってきて、体はビクっとなりました。
(混んでるし、誰かのカバンかな?)
そう思いました。このころの僕は性に目覚めて間もなくて、グラビアを見ながら
毎日のようにオナニーをしてたので、おちんちんに何かが当たっただけでも
体が震えてしてしまうほど敏感でした。

次の駅に着いて少し動ける隙間ができた僕は、
体をよじって股間に当たっていたものを避けました。
でも、電車が動き出すとまた股間にぶつかってきます。
(せっかく動いたのに。)
鬱陶しいなぁ、と思いつつも、僕のおちんちんはムクムクと膨らんできます。
すると、それまではぶつかるだけだった何かが急に包み込むような感触に変わったのです。

(えっ?)

もぞもぞと腰をひねりますが、それはぴったりとくっついて離れません。

(これって、まさか・・・)

カバンだと思っていたそれは、人の手でした。僕の方を向いて立っている、年齢は50才ぐらいの
スーツを着た男性が僕の股間を触っていたのです。
15:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:12:26 xFG

>>8
ヴォエ!


6:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:09:25 TaT

満員電車ワイ「暑い、この場の全員消えてくれへんかな」


7:TimeFires■忍法帖【Lv=13,トロル,hOS】:2018/04/28(土)21:09:59 ID:tw@TimeFires_BFU2t

>>6
レスはキレてるのに、
IDは泣いてて麻。


9:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:10:20 MsP

思ってるより何も言われないんだよなあ
故意じゃなければな


14:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:12:11 Okx

>>9
でもそれで気を抜いた時に運悪く騒ぐ女性に遭遇したら目も当てられんやん?


11:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:10:39 QGo

田舎に行けばいいんちゃう(適当)


12:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:10:47 HLu

わいやから混んでるときは優先席付近に突撃するようになったわ
おばあちゃんおじいちゃんが周りにいれば安心やしな
それすらできないときはもう覚悟するしかない


18:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:14:28 Okx

>>12
言うほど優先席に老人おるか?


13:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:11:24 ynG

ビジネスバッグを肩掛けにしてカバンを自分の股間の前に来るようにしたら大抵大丈夫


16:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:12:30 CL0

痴漢は女性がされるもの、と思っていた僕はビックリして前にいるおじさんに顔を向けました。
するとおじさんは、僕に向かって少し微笑んだように見えました。
股間にぴったりと貼りついたおじさんの手が、ズボンの上からやさしく揉んでくると、
敏感な僕のおちんちんはすぐに大きくなってしまいました。

(男の人に触られて気持ちよくなるなんて・・・)

身動きがとれない僕は何とか平常心を保とうと、吊り広告を眺めたりしました。
その間もおじさんはズボンの上から撫でたり指先で僕の先っぽをノックしたりと刺激してきます。
おちんちんは僕の気持ちとは裏腹にズボンの中でどんどんと盛り上がってきます。
おじさんにとって思春期の中学生のモノを大きくするなんて造作もなかったでしょう。
あっという間に僕のおちんちんはカチカチに硬くなってしまいました。

同窓会NTR


17:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:13:29 o1x

ワイ、潔く香りと感触を楽しむ


19:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:14:37 bkI

ワイ(バック背負ってるヤツおろせや)


20:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:15:12 aQD

ワイ京王線ユーザー
毎日殺意が湧く


21:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:16:12 NOZ

まあ手が触れると危機感は出てくるけど、匂い嗅ぐくらいなんでもないやろ


23:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:19:25 Okx

>>21
満員電車って空気薄いから呼吸も荒くなるんや
ワイ元々鼻息荒いし
だから稀に女性にチラッて見られて冷や汗が下痢のように出てくる


22:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:17:20 CL0

終点まであと5分というところで、おじさんが僕のズボンのチャックを下ろしてきました。
僕は抵抗しようとしたのですが、ギュウギュウ詰めの電車の中では腕を動かすこともできません。
おじさんはスルっと僕のズボンの中に手を入れて、ブリーフの穴を広げます。
そして、硬くなった僕のおちんちんに直に指をからめたとき、僕は、初めて人に触られる、という緊張と
恥ずかしさからギュっと目を閉じました。

おじさんは、すっかり硬くなった僕の竿をさすったり亀頭を皮の上から爪で刺激したり
ムケてない皮をひっぱったりとやりたい放題です。
僕は誰かに見つかったら、とドキドキしながらも、気持ち良くなるのを抑えられませんでした。
自分でこすってるときとは全然違う刺激に翻弄されて、頭がぼーっとしてきます。
僕は射精したいという欲求を我慢するのに必死でした。電車のなかでイクなんて絶対ダメ、と
自分に言い聞かせて何か違うことを考えようとするのですが思い浮かびません。
おじさんはそんな僕の様子を楽しむように、じわじわと攻めてきます。


30:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)03:06:37 DHq

>>22
終点までずっと満員の電車なんかあんのか
山手線も環状線も終点ないからあんな混むんやろうし


24:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:19:40 zVB

まんさん「痴漢!w」
周り「…」ムシー
ワイ「弁護してクレメンス… 世知辛いやね」

まんさん「痴漢!w」
周りで立ってたちんさん「痴漢してたやて!」
ワイ「」


26:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:50:46 B8i

>>24
フラストレーション溜まってるサラリーマン「動くなゴラァ!!」オサエツケー


27:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)03:02:24 dyB

>>26
心臓「」


28:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)03:04:48 b5x

>>27
性の喜びおじさん…w


25:名無しさん@おーぷん:2018/04/28(土)21:41:37 TbK

満員電車イッチ「ひぃっ…小が漏れてしまった…うわ大も漏れてしまった」

これなら犯罪性はないで


34:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)17:17:06 2WW

>>25
野菜世界


29:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)03:06:15 80U

目瞑って妄想してろ


31:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)03:07:40 xRF

ワイは電車の中じゃ両手高めでスマホいじってるわ
両手あげとけば、さすがにぎゅうぎゅうの満員の中で痴漢がどうとか騒ぐアホはおらんやろ


33:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)17:16:22 oTo

>>31
はい股間が接触


32:名無しさん@おーぷん:2018/04/29(日)03:09:45 Qny

こないだ思いっきり満員電車で二の腕を女性の胸に擦り付けながら降りていったわ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

コメント

トラックバック

aaaaaaaa