暇だから仏教を語るwwwwwww

聖闘士星矢シャカ技

1:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)15:51:03 wAZ

まとめてないんで書くの遅いが語る
質問あったらしてくれ

そもそも日本には直接的な釈迦の教え
仏教というのは伝来していない

聖徳太子の時代に中国からきた仏教というのは
中国を経由した過程で道教や儒教と融合されてしまっている

暇だから仏教を語る
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1510901463


3:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)15:53:58 wAZ

仏教は達磨さんによって中国へ伝えられたが
7世紀までに中国現地のその他の宗教と融合されてしまう
それは釈迦の教えをお経として残した時、その言語はパーリ語やマガタ語やサンスクリット語であったが
漢語に翻訳される過程で誤訳が生じた事も原因です


4:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)15:55:35 wAZ

7世紀に玄奘三蔵が現れるが
もうすでにその時の中国仏教の教えはぐちゃぐちゃになっていたので

これでは一体何が釈迦の本当の教えなのかわからん!
という事で、皇帝に止められつつも玄奘三蔵は天竺へ向かう事になりました。

そのような状態の仏教が日本に伝来した


2:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)15:53:08 Js8

どうやったら悟れるの?


5:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)15:58:27 wAZ

>>2
瞑想だね

釈迦はもともと王子で欲望の限りを尽くせる生活をしていた。
その時の城の暮らしの中で
自分の住んでいる城の門の外を見れば

ひとつの門の外には死人が居た
ひとつの門の外には病人が居た
ひとつの門の外には老人が居た

最後の門の外には、修行者が居た

釈迦はなぜ人は苦しまなければならないのだと考え込み

最後の門の外にいた修行者を思い出して、それによって出家を決心した

これを「四門出遊」と言います


6:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)15:59:48 wAZ

釈迦はまず生きているこの世は苦なのだなと思った。
人は生きてる限り苦からは逃れられないのだと知った。

そこで人が生きるからには避けて通れない苦を四苦八苦と定義した


7:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:00:56 wAZ

四苦八苦とは

生老病死のよっつに

愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること
怨憎会苦(おんぞうえく) - 怨み憎んでいる者に会うこと
求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないこと
五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

さらにこのよっつを加えた合計八個の苦を四苦八苦と言います


8:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:03:21 wAZ

宗教上珍しい事だが

普通は宗教の教祖には師匠がいました。なんて事は言わない。
信仰の対象がその師匠にいってしまっては困るので、教祖には師匠がいたんだよ、とは普通は言わないが

釈迦には師匠がいたんだよ、と仏教では素直に白状して記録に残っている


488:名無しさん@おーぷん:2017/11/20(月)16:25:11 dWj

>>8
確かに教えを請いてはいたが彼らの行とは違う瞑想での悟りなので師匠とは言いづらいと思う


490:名無しさん@おーぷん:2017/11/20(月)16:33:21 pk1

>>488
確かにそれはそうだね


492:名無しさん@おーぷん:2017/11/20(月)16:39:14 dWj

>>490
読みきれてないからかなり前の書き込みに対してレスしてすまん


9:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:06:05 wAZ

釈迦は出家してアーラーラカーマーラ仙人の元で修行をして
その仙人の教える極意を習得し

さらにウッダカラーマプッタ仙人に弟子入りして
その仙人の教える極意も習得している

これらの極意を非想非非想処と無所有処という

集中の深まりきった瞑想と
世俗の欲望をなくす

この二つの極意を習った


10:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:08:46 wAZ

二つの極意を習得した釈迦は

次は苦行をやろうと、苦行仲間と苦行林に入って苦行を開始する

しかし、餓死しかけたところをスジャータという少女に救出されて
釈迦は苦行を挫折した

もう苦行をやめると言い出した釈迦に対して苦行仲間からボロボロに罵倒をされながら
釈迦は苦行林を去った


11:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:10:32 wAZ

釈迦が苦行をやめた理由は

スジャータに救われた事で
苦行だけに偏ってはこの世の事は悟れないと知ったためだった。

欲に偏った王子の生活では悟れなかった。
逆に苦行を長年やっても悟れなかった。

偏ってはいけない。中道で行こう

そう思って釈迦は菩提樹の下で瞑想をし、悟りを得ました。


12:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:10:51 rRv

面白い。続けて
13:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:11:00 E8o

ワイも仏陀の教え求道しとるけど
いろんな固有名詞はまったく感知してない

観瞑想のはてにしか悟りはないと思うから


14:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:12:38 E8o

と言うか知識がありすぎるのはよくないと感じてる
いろんな他人の意見が見る目を曇らせるから
ただそのまま心動かさずに観ることしかないと思うから


15:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:12:52 nG1

ヴェーダーンタのスタンスだが仏教にも詳しいが静観しておく


16:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:13:25 wAZ

菩提樹の下で悟った釈迦に対して

梵天という神様がやってきて言った。

「釈迦よ、あなたの悟ったものは素晴らしい、ぜひ民衆に教えなさい」


釈迦は言いました。
「民衆は愚かであって、自分の悟った物を理解できるとは思えないので断る」

釈迦は最初は布教を断った。

ところが梵天もあきらめずに釈迦を説得したので

「では一週間だけ、この悟ったものを自分で満喫してから、民衆に教えましょう」


17:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:15:21 wAZ

一週間の後
釈迦がまず始めに教えを説いたのは

散々に自分を罵倒した苦行林の苦行仲間でした。

彼らが最初の釈迦の弟子になりました。


18:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:17:29 wAZ

その他にもどんどん釈迦の弟子は増えていきます。

当時のインドはバラモン教です。

バラモンはカーストの最上位、王様よりも上です。

そのインドで最も偉い立場の修行者であるとして

釈迦は誰でも受け入れてしまった。

カーストに入れない者までも、釈迦は出家を許してしまった。

これは他のもともとのバラモンたちは怒ります。


19:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:19:12 wAZ

釈迦の生きている時代には

すでに女性の出家も釈迦は許していました。

最初の女性出家者は彼の乳母でした。

もともとは女性の出家を認めてはいなかったのだが

これは修行者はその辺で寝泊まりをするので、レイプだとか性被害が起こったらまずいから

という安全面での問題で女性の出家を許していなかっただけでした


514:名無しさん@おーぷん:2017/11/20(月)17:39:59 dWj

>>19
だからこそ彼女が出家の際彼女には厳しい戒律を敷く必要があったんだよなぁ


20:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:20:26 wAZ

出家の条件は財産を捨てる事でした

出家時に持てるものは

衣三枚につまようじ

それまで持っていた財産は、故郷か実家に寄付をする。

というのがお布施の始まりでした


21:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:23:11 wAZ

ここから日本仏教との違いがわかってきます。

釈迦は説法をするとき、相手がわかりやすいたとえ話をする事で
この世の真理を理解させていきました。

相手が理解できるように、相手によって話を変える
相手が理解できなきゃ、釈迦の説法、つまりお経なんて意味ないよね

お経は理解できなきゃ意味が無い

相手がわかりやすい話に変えてする説法を、対機説法と言います。

現代のお経は漢語です、あんなもん聞いていても誰も理解できない


22:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:23:31 Js8

維摩の話が出るのかワクワクしてる


23:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:26:14 wAZ

出家時に持って良い財産は衣三枚につまようじ

この衣というのは死体を包む布を勝手にはぎ取って作るものでした

なので袈裟というのは黄色い、死体を包んでいたのでうんこや尿や体液なんかがしみ込んでしまっている
なので袈裟はもともと糞掃衣と言いました。


24:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:27:54 wAZ

釈迦は人は死んだらただの物だと教えていたから

死体からはぎ取ってもなんの問題もないよ
もったいないから使おうねという事で使っていました。

実際に、釈迦は自分が死んでも直弟子たちに自分の葬式をやらせていません。

釈迦の葬式をやったのは一般の人たちくらいでした。

直弟子は教えを守って釈迦の葬式をやっていない。


515:名無しさん@おーぷん:2017/11/20(月)17:46:54 dWj

>>24
源流が葬儀を行なっていないのに日本の僧侶が葬儀を行うのは本当に疑問を感じる
まぁ四苦に死があるから悟りを求めるものとしてやっていると言う言い分や、これが日本の思想からだから別にいいだろと言うものもいたが、そもそも源流を遡り発展しているお前たち僧侶がそれを言い葬儀するのかと何度も思い今も言ってるんだけどこれって俺が間違いなのかな


25:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:29:46 wAZ

それでも

人は死んだらどうなるんだ。
バラモン教の言うように転生するんだろうか

という事で、弟子のひとりが釈迦に質問をしました。

釈迦はいやいやながらに答えます。
これを毒矢の例えと言います。


26:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:31:46 s98

犬に仏性はあるのでしょうか?


45:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:05:43 s98

>>26は狗子無仏性話、いわゆる狗子仏性
仏教学ぶ上で最初に習うくらいの超有名な公案


とある僧が偉い和尚にあらゆる物に仏性はあるというのを前提として
「犬に仏性はあるのか」と問うたら
最初は「仏性はない」と答え、また後で別の僧が同じ問いをしたら
今度は「仏性はある」と答えた話


33:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:36:32 Cfi

仏教について語るスレなら>>26をスルーすんなよ


517:名無しさん@おーぷん:2017/11/20(月)17:53:54 dWj

>>33
そもそも苦を抜けたい意思があるからこそ仏道が成り立つのであって畜生にはそこにたどり着くことがそもそもないから無理でしょ


34:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:38:31 wAZ

>>33
悟った人を仏というので無い

悟りは欲を捨ててるから飯にも執着しない

犬は無理でしょ

ちょっと行ってくるね


45:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:05:43 s98

>>34
仏教の基本は一切衆生悉有仏性というのが念頭にあるけど


27:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:32:24 nG1

ブッダガヤに滞在して出家してみたから
場景がありありと分かる時代は違うが


28:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:32:33 wAZ

毒矢の例えとは

ある男が町に居ました。
男は毒矢に射られてしまった。

早く治療をしないと死んでしまう。
男は言いました。

「どから射られた、毒はなんの成分か、どこの民族がやった、矢の材質はなんだ」
「俺はそういう事が全部わかるまで、治療はしない!」

男はそのまま死にました。

死んだあとの事などいつまで考えてもわからない事を考えていると毒や寿命が回って死にますよ!
良いから早く修行をしなさい!

毒矢の例えというのはこのように相手をバカにしたようなものでした。


29:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:33:30 rRv

よく分からん念仏唱えて一大イベントとして葬式やるのは
本来の仏教の姿ではないんか?


30:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:34:03 wAZ

>>29
うん

仏壇や位牌だとかああいうのは後漢時代の儒教文化


31:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:34:59 wAZ

すまん、ちょっと晩飯買ってくる

20分くらいで戻る


32:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:36:15 nG1

釈迦の教えは宗教てか哲学だからな


35:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:41:37 nG1

一切衆生悉有仏性


36:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:49:29 wAZ

多くを語る者は避難され
少しを語る者も避難され
何も語らない者も避難される

結局人はみんな避難されるのだ

だからいちいち気にして感情に波風立てるのは未熟だよ

みたいな、釈迦の教えってこういうのが多い

つまり悟りって、悟ってみればいちいち気にする事の無い事ばかりだね
悟れば心は波風立たないね

というのが涅槃寂静

心が静かで乱れる事は無い

という感じ

それには執着や欲望は邪魔だねと


37:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:49:54 cu1

玄奘三蔵って皇帝の命で天竺に向かったて西遊記にはあったけど実際には違ったんだな


38:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:50:21 wAZ

>>37
うん、皇帝は止めていた
だけど結局許されたんだけどね


39:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:51:07 cu1

>>38
都合の悪い物まで持ってこられちゃタマラン、とかそういう事なんだろうな


40:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:51:18 wAZ

悟りを得れば
心は涅槃寂静モードになりますよ~

という教え


41:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:54:28 wAZ

日本仏教のおかしいところ

日本仏教というか般若心経


般若心経では観自在菩薩という人が舎利子に仏教を教えてるんだけど

なんたら菩薩というのは修行中の人の事を指すんだよね

つまり観自在菩薩というのはまだ悟りを得てない

それが舎利子に教えている

舎利子というのは実は釈迦の直弟子ももっとも偉い

釈迦の十大弟子と言われる人で

釈迦の直接の教えを受けて悟りに到達しているんだよね

悟った人を如来という

修行中の人を菩薩という

つまり舎利子って如来でさ、観自在菩薩という修行中の人に教えてもらうお経ってなんだそれ
という事になってる。

これは誤訳なんだろうね


256:名無しさん@おーぷん:2017/11/18(土)13:08:10 dto

>>41

>日本仏教のおかしいところ
>日本仏教というか般若心経
>般若心経では観自在菩薩という人が舎利子に仏教を教えてるんだけど
>なんたら菩薩というのは修行中の人の事を指すんだよね
>つまり観自在菩薩というのはまだ悟りを得てない
>それが舎利子に教えている
>舎利子というのは実は釈迦の直弟子ももっとも偉い
>釈迦の十大弟子と言われる人で
>釈迦の直接の教えを受けて悟りに到達しているんだよね
>悟った人を如来という
>修行中の人を菩薩という
>つまり舎利子って如来でさ、観自在菩薩という修行中の人に教えてもらうお経ってなんだそれ
という事になってる。
>これは誤訳なんだろうね

般若心経読んだことないだろ
「観自在菩薩(修行中の釈迦)は深般若波羅蜜多(深い瞑想)を行ずる時、一切の苦厄を度したもう


一切の苦厄を度す→悟りを得た(ブッダになった)という意味で
釈迦の成仏体験が一番最初に語られてるのに

>修行中の人を菩薩という
>つまり舎利子って如来でさ、観自在菩薩という修行中の人に教えてもらうお経ってなんだそれ
お前が勉強不足なだけな
勉強してから語ろうな


42:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:57:28 wAZ

色即是空・空即是色もこれ誤訳だと思う

色=物質はつまり空なんだよ
空=色、つまり空は物質なんだよ

と言ってるんだけど

釈迦の教えでは、この世は何から何まで空なんだと
この世のすべては幻なんだよと教えてる

つまり感情や生命や痛みという痛覚や味といったもの

物質ではないものも、この世はすべてが幻なんだよ、と教えてる

なので、空=物質(色)なんだよ、というのはこれ、定義が違うよね


43:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)16:58:38 wAZ

空はサンスクリットでスーニャとかそんな呼称なんだけど

これは0という意味で

0がそこにあるよ!といってもそこにはなにもない

だからそこに0があるじゃん!といってもなにもない

幻のようだね、という話


44:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:03:33 rRv

日本の仏教はもう原型を留めていないほぼオリジナル宗教って解釈で良いの?
釈迦の教えを現代までちゃんと残している宗派とかあるの


46:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:06:13 wAZ

>>44
うん、日本のは純粋な釈迦の教えとは言えないね
日本文化オリジナルバージョンだと思う

実は釈迦の教えがちゃんと日本に伝来したのは昭和に入ってからなんだよ

それはスッタニパータというお経を翻訳した人が居て
中村元さんだったかな、偉い学者なんだけど

そのスッタニパータというのが、現存する最古のお経で

これはインドに当時の俳句のような文化があって、釈迦の作った俳句のようなものと
それと釈迦と弟子の問答集、という形式のお経だよ

なかなか面白いよ、宗教色はまったくなし
哲学なんだよな

【ギャル姫RPG】 メルティス・クエスト Ver 1.11  


47:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:08:53 wAZ

例えば空海なんかは即身仏になってさ

即身仏になれば!この世の災厄が消えるのだ!!!

とかそんな事言ってたと思うんだけど

空海は空海で偉いし有能なんだけど

釈迦はそういう超能力的な教えなんかしてないよね

こういう超能力的な教えがあるのはバラモン教ヒンドゥだったりする

バラモンが王様とかをたまに脅して金を取ろうとしたりするんだよ

金を出さないならおまえの頭が裂ける呪いをかけてやる!と脅して

釈迦に助けを求めてきたりしてさ

そこでも釈迦は超パワーでその呪いを解除!とかじゃなくて

ただ単純に「だいじょぶだいじょぶ、そいつにそんな能力ないから」

とかって安心させてる


254:名無しさん@おーぷん:2017/11/18(土)12:59:29 dto

>>47
>例えば空海なんかは即身仏になってさ

>即身仏になれば!この世の災厄が消えるのだ!!!

>とかそんな事言ってたと思うんだけど

言ってねえよ
そもそも即身仏と即身成仏を混同するようなやつが仏教語るな


404:名無しさん@おーぷん:2017/11/19(日)12:13:29 bue

>>47例えば空海なんかは即身仏になってさ
即身仏になれば!この世の災厄が消えるのだ!!!
とかそんな事言ってたと思うんだけど
空海は空海で偉いし有能なんだけど
釈迦はそういう超能力的な教えなんかしてないよね

>>1、ここのソース教えてよほれほれ
負ける気しないんだろ?議論しようぜ


436:名無しさん@おーぷん:2017/11/19(日)22:30:20 bue

>>47
>例えば空海なんかは即身仏になってさ
>即身仏になれば!この世の災厄が消えるのだ!!!
>とかそんな事言ってたと思うんだけど
>空海は空海で偉いし有能なんだけど
>釈迦はそういう超能力的な教えなんかしてないよね

ここの空海がそんなこと言ったってソースと
釈迦が超能力否定したっていうけど、原始経典にこそ五神通とか、そういった神通力を禁止したって記述が多いことについてソースをくれ

ちなみに、大学で密教とかそこらも学んでたからそこそこ詳しいと思うんだけど、上2つは初めて聞いたからさ、是非ご教授賜りたいんだよ


48:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:14:00 wAZ

地獄の閻魔大王というのも仏教全然関係なくて

これ本名をヤーマラージャとかいうヒンドゥの神様だしさ


49:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:17:45 wAZ

仏教ってなんだかおかしいよなぁ

という人は江戸時代にはもう居て

日本の仏教は大乗仏教というのだけど、そこからいろいろ派生するんだけどね

この大乗仏教というのは本当に釈迦の教えなのか?つってね

大乗否仏説。というのがもう江戸時代には出ていた

大乗仏教というのは仏説ではないですね、という


50:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:29:42 cu1

何でもかんでもごちゃ混ぜにするのは日本の、特に江戸文化にありがちだからしゃーない


52:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:32:35 wAZ

>>50

欠点に見えるんだけど
実はそうじゃないんだよね

面白いものがあるからちょっと待っててね


51:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:31:45 wAZ

あ、中国に仏教を伝えた達磨さんというのは
7年だったか9年だったか

ずーっと瞑想し続けて手足が腐っちゃった
なので今の達磨の赤いやつがある

瞑想は集中しきっちゃう
ひとつの問題に対してぐりぐりに集中しきって考えまくる

それで釈迦は悟りへ到達する様々な哲学に到達した

つまり、座禅なんかで言われる「心を無にする」というのは何も考えない事をいうんじゃなくて
集中しきって考えをめぐらし、徹底的に分析する過程で、その途中で悔しいだとか悲しいだとか怒ったりだとか

そういう感情の乱れを起こすと

ぱしーん!とやれる


53:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:34:52 wAZ

日本に伝来した宗教がぐちゃぐちゃになっちゃうのは良い事だった

戦国時代から近代にかけての日本人の資料

「日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料」なんですけどね
大航海時代に日本の種子島にきたポルトガル人から始まる欧州人の記録によってペリーが日本へ向けて出発した事がわかっています。


1597年には激しい迫害があった。26人のキリスト教徒が磔刑となったのだ。(26聖人殉教事件)
磔刑された中には一人か二人のイエズス会士、数人のフランシスコ会士が居たが、多くが日本人教徒だった。

宣教師たちはあまりに過激にこの国の偶像崇拝の風習を攻撃した。
キリスト教を信じた日本人たちも、この宗教を熱狂的に広めようとした。
キリストを信じなければ永遠に地獄で苦しむ事になると脅しただけでなく、仏教の僧侶を侮辱し、仏像や寺まで破壊した。

これがキリスト教徒の迫害に火をつけたと言っても良いだろう。
皇帝(豊臣or徳川)や諸侯が、こうした振舞いに「彼らがこの国で革命を起こそうとしているのではないか」と疑うのは当然だった。

注)天皇は帝と表記されています。
これも面白かったので書いておきます。
sutoと表現されている宗教があったんだそうです。

中身を見てみると、信・義・礼・知・仁という五つの項目について言及されていました。
つまりsutoというのは士道ですね。武士道の事です。
外人はこういうのも宗教だと感じちゃうんですかね。
記録した本人も「宗教というより哲学と言った方が適格だろう」と言っているようです。
この士道は日本でも主流の信仰である。そして士道は命を育む自然に対して感謝をする価値観を持って居る
と記録されています。

この他にも仏教や神道についても記載があって
その他にも数十の宗教があるが、メイランは彼らの間で宗教論争というものを見た事がなかったと(論争してない事もないんですけどね)
他宗に対して嫌悪する事なくむしろ敬意を以て礼儀を尽くしていた、それはインドや中国など外国から来た外来の神に対しても同じであったと
日本人がこれほど他宗に対して寛容な精神はどこから着てどうやって維持されているのだろうという質問に対して私はこう答える。

どの神を信じてようが内裏を主として認めているからだ。(内裏は天皇の事ですね)
内裏はその神性を崇めるものすべてを守る存在となる。
その崇める流儀について内裏が問う事は無い。(数ある宗教の信仰体系に関して自由にさせていたという事かと)
キリスト教も、宣教師が尊大になる事が無く、他宗を辱める事も無く、欲望を貪る事が無く
布教に励んでいれば、日本には間違いなくキリスト教が広がっていただろう。
んで

坊さんとか神主だとかは別だと思うんですけどね
「日本人は様々な神を崇め敬意を払いつつも自らを無宗教であると言う」と書かれていました


54:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:35:27 wAZ

比較すると一神教なんかはこう

キリスト教には旧約聖書の出エジプト記で
「私は妬む神である」という記述があって
他の神を妬むんだよという意味ですね。

全知全能の唯一神が心の狭いこってよろしゅうございますなというわけで
出エジプト記はモーセのお話なんですが
山に籠ったモーセの帰りを待ちきれなかった民衆が、子牛の偶像を作って拝み出しちゃったんです。モーセは拝んでた民衆を全部ぶっ殺してます。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教は旧約聖書を聖典としているのでこの価値観は一神教は全部同じです。実際にコーランにも旧約と全く同じ話がちょいちょい出て来る。
恐らくこれを根本的な問題として他の宗教は認めないという価値観があるんじゃないかなと思っています。

実際に法王庁は仏教を悪魔の宗教と認定しました。
仏像なんか思い切り偶像崇拝ですからね。
シリア地方の多神教にバアルという豊穣の神が居たんですけど
これもキリスト教によって悪魔認定されています。

これをもっと悪い悪魔にしてしまおうという事で言葉遊びをして
バアルゼブル・ベルゼブブ、ハエの王となり、キリスト教の七つの大罪を司る、キリスト教でも非常に悪い悪魔となりました。

異教徒だ邪教だという価値観を捨てないと、時間の問題で多宗教との争いになるのではないだろうかと個人的には思います。

「俺の宗教がただひとつ正しいんだ!おまえらは邪教だ!」てやって偶像崇拝も禁止なので破壊してきましたからね。

このシリア近辺にあったバアルの神殿がパルミラ遺跡と言われているんですが、近年、キリスト教の後継であるイスラム教の過激派 ISによってパルミラ遺跡は破壊されたようです。
タリバンもバーミヤン遺跡の石仏を破壊してましたよね。


55:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:42:10 wAZ

コピペで申し訳ないんだけど
一応俺が書いたもの


56:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:43:42 nxS

釈迦でーす



57:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:44:27 cjw

妬む神に関してはいろいろあってな...
妻の浮気を罰するのと同等で正当性があるという考えを一般的にするそうな


58:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:46:37 wAZ

>>57
いつもいつも政治的に宗教を利用しようとするからおかしくなってくるんだよなぁ

日本の仏教もそうだし

神道も政治利用されたから

これは宗教すべてに言えるのだけど


60:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:49:33 cu1

>>58
おっと、公明党の悪口はそこまでだw


63:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:50:41 cjw

>>58
人心を縛り上げるのにこれほど強力なものはないからね


59:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:49:12 RJs

妻が浮気するためには、夫以外に男性が必要なわけで、
比類なき唯一絶対者であることを否定してるんだな

契約したんだからユダヤ人にとっては唯一、にはなるんだろうが


63:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:50:41 cjw

>>59
神ではないものを神となすことを夫でない者を夫のように扱うこととかけてるそうな

いずれにせよ全知全能のわりには欠如が多すぎだわな


83:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)18:05:18 RJs

>>63
同格の神ではなくモノを崇拝してるというなら、
浮気じゃなくてディルドやデンマに嵌っている、
というべきではないだろうか


61:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:49:41 k5L

お金儲けに必死なクソ坊主共についてどう思う?
仕事で仏教関係とよく関わるけど、あいつらほんとクズだわ
特にデカいとこ


67:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:53:59 wAZ

>>61
んー、信者の皆さんの心がそれで安定するなら
それはそれで良い気もする


65:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:52:31 cu1

>>61
サイドビジネスでやるなら別にいいんじゃね?
お布施たくさん入れなされ!的なのはアレだけど


70:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:57:08 k5L

>>65
ドン引きするくらい酷いぜ
「オイ!!あいつお布施10万しか包みやがらなかった!!あいつ紹介した檀家呼べよ!!!
無知なやつなんて言えば30でも50でも出すやろが!!!!」
「俺昔はワルしてたけど、今では外車乗ってるしさ~檀家様様だよね~」
「は?なんで金無いやつのために読経しないといけないの??貧乏人は黙って死ねや」

こんなんザラやで


62:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:50:30 wAZ

でもね、それでも仏教ってなかなか面白い

釈迦ってすんなり理解すると結構なクソ野郎じゃん?

妻子をぶん投げて出家するつって城から逃亡したでしょ?
苦行はもういやああああ!!!て挫折してるでしょ?
みんなのために布教してくれよつったら、だが断る、て言うでしょ?

正直だよ仏教は、クソ野郎具合を素直に記録してんだから


64:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:52:20 wAZ

対してキリストはどうでしょう

キリストは子供の頃に過ぎ越しの祭りに参加をして
そこで律法の議論をしていたと聖書に書かれている

子供のキリストが律法を知っていたという事は、学んだはずなんだよね

そういう本があったとしても、大工に買えるような安物であるはずがない、2000年も前だからね

誰かがキリストに教えたはずなんだけど、記載はない


66:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:53:24 k5L

真宗は悪人正機とはいえ、あれは仏教に帰依しようという気が失せるわ


68:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:55:56 wAZ

うちも戦争行ったじーさんが死ぬまで毎朝般若心経唱えてたけど

じーさん、般若心経ってボロボロに間違ってんぜ
とか言ったらたぶんショックだっただろうな

本人の心の問題、それで心が平安で居られるなら
良い気もする


69:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:56:59 nG1

席を外していたら
長いから読むの邪魔くさい

無執着の真意は最善を尽くし結果に執着しない事
人事を尽くして天命を待つの境地

皮肉な事に禅の教え
以心伝心 不立文字 教外別伝

縁なき衆生は度し難し

平民なんかに説いても無駄だ


71:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:57:53 S1g

宗派によってかなり違うよな
知り合いは曹洞宗だかかなり金額高かった


72:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:58:22 wAZ

釈迦が今生きてたら言うと思うよ


戒名ってなんですか?て


73:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)17:59:32 S1g

仏教は原理主義者結構ここにいるの不思議だわ


74:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)18:00:11 wAZ

>>73
でもさ

原理主義じゃないならオカルトになっちゃうじゃん
仏教って


76:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)18:01:12 S1g

>>74
輪廻とかもともとオカルトじゃないんか


79:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)18:02:42 wAZ

>>76
釈迦はそれを否定したから
カーストなんか気にせず出家を許したんだよね

つまりカースト否定というのは輪廻転生を否定している
輪廻転生というのは仏教の概念じゃないよ?

バラモンか、もしくはもっと古いインド哲学だね

梵我一如というんだけど、ちょっと説明しようか


80:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)18:03:32 S1g

>>79
いや生まれ変わりからの離脱が悟りの目的なんだからひていしてなくね?


84:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)18:05:39 wAZ

>>80
キリストもそうなんだけど
ユダヤ教を否定はしても唯一神は否定していないんだよな

それまでの文化を全部が全部否定したら誰も理解してくれない

釈迦もたぶんそんな感じだったんじゃないかな
転生の輪から抜け出そうよ、そうすれば楽じゃん、て


75:名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)18:00:49 k5L

信長が焼き討ちしたくなるのも分かるよ
昔はこれより酷かったんやろ

次記事

暇だから仏教を語るwwwwwww 2

暇だから仏教を語るwwwwwww 3

暇だから仏教を語るwwwwwww 4

暇だから仏教を語るwwwwwww 5

暇だから仏教を語るwwwwwww 6

暇だから仏教を語るwwwwwww 7


このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

コメント

1 .名無しさん2018年04月24日 21:36▼このコメントに返信

教えるものが無知ではね。阿呆なイッチやな。才能が無いのなら宗教はほとんど無理だよ。哲学なら凡人には理解しやすいし、原始仏教の教えである哲学を好むんだろうけどね。

2 .名無しさん2018年04月24日 21:43▼このコメントに返信

まあしんだら仏さんになるから気にしなくていいよ。

3 .名無しさん2018年04月30日 19:24▼このコメントに返信

今さらだがこの1は朝鮮系か?時系列や時間軸の概念がおかしくて、なんかふにゃふにゃした印象があるんだよな。それって朝鮮語の特徴なんだと見たが。
見た目で成り済ましても、案外こういう根底って変わらんものだなと。

トラックバック

aaaaaaaa