【樹里編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

b

197:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:48:01 ID:wsUao2F8I


【美穂編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【彩夏編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【果歩編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【美雪編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww



美雪編 了


工3・・・樹里 (JK3)他校非処女・彼氏有・168cm・Eカップ(彩夏・果歩の友達)
薄めの黒ギャル巨乳JK。

樹里と知り合ったのは、果歩の紹介だった。
果歩に彼氏が出来たと聞いた樹里は見せろ見せろとうるさく言って、仕方なく連れて来たらしい。
でも、俺は彩夏からの情報で、名前と顔位は知っていたが。

    
結婚するから俺の女性遍歴を晒したい
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1394296510


198:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:48:24 ID:wsUao2F8I

果歩「俺君、ごめんね。どうしても見たいっていうから。」
樹里「チーっす!これが俺君かー。アタシ樹里。よろしくね。」
俺 「あっああ。どーも。(こんなキャラなんか。)」
樹里「じゃあ、どこ行く?」
俺 「えっ。」
果歩「樹里、付いてくるの?」
樹里「あ、ダメ?アタシ今日暇なんだーw」
果歩「ダメじゃないけど・・・」
俺 「・・・」
樹里「あっ!もしかしてエッチする予定だった?ホヤホヤだもんねーwww」
果歩「ちっ違うよ!そんな予定ないし!」
俺 「えっ。そうなん?」
果歩「そうでしょ!」
樹里「あははwエッチ予定ならば仕方ない。しっかりヤルんだぞ!」


199:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:48:42 ID:wsUao2F8I

樹里はそう言いながら俺の背中を叩いた。

果歩「しません!そんなのしないもん!」
俺 「えっ。」
果歩「樹里も一緒に行こう!ファミレスいこう!」
樹里「えーいいの?イクイクw」

果歩と樹里はしょんぼりする俺を引き連れてファミレスへ向かった。
ファミレスに着いてから果歩と樹里がひたすら話している。

樹里「エーマジデーヒドー!」
果歩「デショー!シンジランナーイ!」
俺 「・・・」
樹里「デサー、アイツサー」
果歩「ソウソウ!モウサイテーダヨネー!」
俺 「・・・」
樹里「ソレデサー・・・あ、俺君ジュース持ってきて!」
果歩「あ、私オレンジね。」
俺 「・・・」

俺は黙ってジュースを取りに席を立つ。(帰ろうかな・・・)
席に戻ると樹里がニヤけながら話を振ってきた。
200:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:49:01 ID:wsUao2F8I

樹里「で、二人はもうエッチした?」
果歩「もう!何聞いてるのよ!」
俺 「したよー。」
果歩「俺君っ!何いってるの?」
樹里「へぇー果歩何にも言ってくれないから。」
果歩「普通は言わないんだよ!」
樹里「で、どうなの?」
果歩「どうなのて何よ?」
樹里「俺君のはどうなの?デカイ?カタイ?キャハハハハ」
果歩「もう!何言ってるのよー!」
俺 「・・・」
樹里「俺君は?果歩ってどうなの?」
俺 「意外と積極的よ。」
果歩「なっ何言ってるの!?止めてよ!」
樹里「えーwこんな顔して?」
俺 「うん。結構腰使うし。」
果歩「もうヤダ・・・」

手で顔を覆い、俯く果歩。
樹里は手を叩いて笑っている。


201:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:49:16 ID:wsUao2F8I

俺 「樹里ちゃんは?彼氏のはデカイの?」
果歩「そうよ!樹里も言いなさいよ!」
樹里「えー?このくらいかなぁ。シコシコ」

樹里は扱く動作をする。

果歩「はぁ。もういいや。恥ずかしいし。」
俺 「よくわかんないな」
樹里「んーっとこへくあい。」

樹里はだらしなく口を開け、銜える素振りをした。
エロい・・・こいつはエロいぞ・・・!
彼女の前で他の女とエロトーク。
彼女の目の前で他の女とヤッる様な気がしてくる。
勃起待ったなし!


202:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:49:34 ID:wsUao2F8I

樹里「でも、アタシの彼氏早漏なんだよねー。」
俺 「早漏?」
樹里「んー分んないけど、口でもマムコに入れてもすぐ出ちゃうw」
俺 「それって樹里ちゃんの体が気持ち良すぎるんじゃなくて?」
樹里「えーwそうなのかな?試してみる?なーんてw」
俺 「えー是非是非w俺、早漏じゃないし。」

これくらい話した所で、果歩の視線が怖すぎて話を止めた。
樹里も流石に空気を読んでいたようだ。

樹里「じゃあ、そろそろアタシ帰るわ。お邪魔しましたw」
俺 「ほーい。んじゃねー。」
果歩「・・・」


203:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:49:51 ID:wsUao2F8I

樹里が帰った後、俺は果歩にビンタされるほど怒られた。
許しては貰えたが、ギン勃起していたのに、その日は果歩とヤレずに帰った。
しかし、どうしても治まらず、彩夏を呼び出し、近所の公園でヤッた。
そして樹里の情報をを聞いた。
結論から言うと、樹里はやはりビッチ。しかも、人の彼氏にも手を出すクズ。
俺にとっては好都合な要素しかなかった。
俺は樹里にそれとなく俺の話をするように彩夏に言った。
食いついて来なければそれで良いとおもったが、レスポンスは早かった。
彩夏の報告によると


204:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:50:04 ID:wsUao2F8I

彩夏「樹里ー。果歩の彼氏に会ったんだって?」
樹里「あーうん。見たかったから、果歩に頼んで連れてって貰ったんだ。」
彩夏「俺君はどうだった?」
樹里「んーまぁまぁかなwあれ、彩夏俺君の事知ってるの?」
彩夏「うん、だって果歩と初めて会った時私もいたし。何回かメールもしたよ。」
樹里「マジか・・・ねぇw私に俺君のアド教えて!」
彩夏「えー。それは・・・」
樹里「アドくらい良いじゃん!教えてよー!」
彩夏「果歩に聞いてからじゃないと・・・」
樹里「果歩に聞いたらダメに決まってんじゃん!今度奢るからさーw」
彩夏「えーっ。んー。じゃあ、内緒だよ?」
樹里「うんうん!」

という流れで俺のアドレスを売った様だ。
メールは直ぐに来た。


205:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:50:19 ID:wsUao2F8I

件名「樹里だよーw」本文「昨日はどーも!彩夏に俺君のアド聞いちゃったw」

俺 「そうなんだ。知らない知らないアドだったからびっくりしたwどうしたん?」
樹里「あははwそうよねー。俺君ともっとお話ししたかったからw」
俺 「俺と?何の話するんだよw」
樹里「エロトークとかどうっすか?」
俺 「エロ好きだねぇ。写メ付きならw」
樹里「えー。ちょっとだけよーwww」

樹里は軽く胸元を写した写メを添付してきた。


206:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:50:39 ID:wsUao2F8I

俺 「おおっ!エロいねw昨日は気付かなかったけど、結構デカイ?」
樹里「Eカップでーすw勃った?ねぇ、勃った?」
俺 「これ位じゃ勃たないねぇ。でも、柔らかそうな良いおっぱいですねw」
樹里「めっちゃ柔らかいよ~w揉みたい?」
俺 「揉ませて頂けるならw」
樹里「えーw俺君には果歩いるじゃん!」
俺 「えっ。果歩のおっぱいは・・・」
樹里「あっw果歩胸無いもんねwww物足りないんじゃない?」
俺 「んーまぁ。それなりに。」
樹里「私のおっぱいはこんな事もできまーすw」

メールにはには胸にスプレー缶を挟んだ写メが添付されていた。


207:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:50:55 ID:wsUao2F8I

俺 「おおっ!すげー!たゆんたゆんじゃないですかーw」
樹里「挟まれたい?挟まれたいでしょーw」
俺 「お願いしたいなぁwww」
樹里「あははっw正直でよろしい。こんなのは?」

写メには胸に挟んだスプレー缶を銜えた樹里が移っていた。

俺 「これはズルいわwこれは勃っちゃうわw」
樹里「やったw勃ったwガチガチ?」
俺 「ガチガチっすw」
樹里「ガチガチ写メ送ってよw」
俺 「えー。恥ずかしいw」
樹里「みたーい!俺君のガチガチチムポ見たーい!」
俺 「えーw恥ずかしいよー。一人で携帯でチムポ撮ってる姿とか悲しくね?」
樹里「確かにwwwでも見たーい!」
俺 「じゃあ・・・」

俺はパンツ越しに勃起したチムポを写し、樹里に送った。

おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 〜ボクのおばさんは超名器だった〜


208:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:51:13 ID:wsUao2F8I

樹里「これマジwウケんだけどw」
俺 「マジだよ。直は無理だけどw」
樹里「これは生で見たいw」
俺 「生は写メ無理っすw」
樹里「じゃあ、生で見るw」
俺 「だから、恥ずかしいから無理だってw」
樹里「会って、直接見せて!」
俺 「マジで言ってんの?」
樹里「写メみたいな事してあげるかもよ?果歩には出来ないでしょ?」
俺 (こんな簡単だとは。)
俺 「いやー。それはなぁ。」
樹里「いいじゃん!バレなきゃいいじゃん!」
俺 「んー、正直、めっちゃ迷ってるんだが。」
樹里「アタシ、ウマいよ?」
俺 「ズルいよー。もう駄目だわw」
樹里「あはwやったーw」
俺 「いつにする?」
樹里「おっ!急に押して来たねーw」
俺 「だってさっきからガチガチなんだもんw」
樹里「それはそれはwじゃあ、早くしてあげないとねーw明日は?」
俺 「OK。楽しみだわーw」
樹里「今日はオナっちゃダメだぞー!溜めておくよーに!」

こんな流れで樹里とのメールは終わった。


209:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:51:33 ID:wsUao2F8I

次の日、樹里と待ち合わせ、即ラブホに向かった。

樹里「さーて。俺君の生チン見せてもらっちゃおうかなーw」
俺 「いきなりっすねwww」
樹里「だって早くみたいんだもんw授業中、想像して濡れてたしwww」
俺 「今も濡れてんじゃないの?」
樹里「えーwそれは秘密w」
俺 「えいっw」

スカートに手を入れ、パンツ越しにマムコを触った。

樹里「やんっダメだよー」
俺 「ちょっと湿ってたかなwクウンカクンカ」
樹里「ちょっとーwww」
俺 「うはw」
樹里「もーw脱がせちゃうぞー」

樹里はカチャカチャと俺のベルトを外すと、ズボンを下ろした。
半勃起がパンツ越しに浮かび上がる。


210:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:51:51 ID:wsUao2F8I

樹里「ちょっとぉ、勃ってないじゃん!」
俺 「いやー緊張しちゃってw勃たせてよW」
樹里「よーしwまずはお返しだw」

樹里は俺の股間に顔を近づけて匂いを嗅いだ。

俺 「ちょw恥ずかしいわ!」
樹里「んーすっっごいチムポの匂いw昨日は抜かなかったみたいだねw偉いw」
俺 「せっかく樹里ちゃんと会うのにもったいないからねw」
樹里「アタシ匂いフェチなんだwクンクン」

チムポに鼻を擦りつけ匂いを嗅ぐ。
俺のチムポは焦らされて完全に勃起した。

樹里「おっ固くなってきたwよーし!」

樹里は俺のパンツを下ろす。
ギンギンに張りつめた勃起チムポが樹里の眼前に露わになる。


211:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:52:10 ID:wsUao2F8I

樹里「っ・・・デカイっすね。。。」
俺 「そうなん?他の人見た事ないからわかんない。」
樹里「うん。スゴイ。こんなの初めて見たw」
俺 「今まで何本見て来たの?」
樹里「本ってwえーと・・・15本くらいw」
俺 「ヤッてますねぇw」
樹里「このデカチンで何人ヤッたの?」
俺 「んーと、100から先は数えてないわw」
樹里「嘘だぁwんーじゃあ、頂きますw座ってw」

樹里は俺を座らせてチムポを舐め始めた。
とても丁寧にゆっくりと優しく隅々まで満遍なく舌を這わす。
先をチュパチュパと吸い、クルリと舐め、ハーモニカの様に咥えながら上目使いで俺の顔を見る。
ジッと目を合わせたまま、喉奥まで咥え込む。流石ビッチ。由香と同じく男を分っている。
チュパッと口を離し、手で扱きながら樹里がしゃべる。


212:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:52:31 ID:wsUao2F8I

樹里「気持ち良い?」
俺 「・・・うん。すごく良い。」
樹里「ふふっwこんなのはどう?」

樹里は扱きながら玉を舐め始める。優しく吸い、口の中で転がす。
レロレロと舌を使い、弄ぶ。

俺 「あー樹里ちゃんの舌めっちゃ気持ち良いw」
樹里「ウレシーwじゃあ、サービスしちゃうw」

樹里は俺の脚を持ちあげ、アナルを舐め始めた。
くすぐったい、でも止めて欲しくない快感が俺を突きぬける。
アナルを舐められた事は初めてではない。
由梨、有紀や由香、彩夏にも何度も舐めさせていた。
しかし、樹里のそれは経験した事が無いくらい激しかった。


213:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:52:49 ID:wsUao2F8I

ベロベロ、ピチャピチャと音を立てて舐め回し、唇で吸いつき、息を吹きかけ、舌をねじ込んでくる。
俺は思わず声が出た。

俺 「あっおっおおぅ」
樹里「ベロベロチュッズリ」
俺 「アッアッアーンーアアッ」
樹里「あはw俺君、女の子みたいw」
俺 「だって、すごい気持ち良い。」
樹里「あれー?お尻の穴舐めたら、さっきよりもカタくなってるんですけどw」
俺 「めっちゃ興奮するw」
樹里「まだイッちゃだめよ?これからが本番だからw」

樹里は俺の脚を戻し、服を脱ぎ、大きな胸を露わにした。


214:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:53:09 ID:wsUao2F8I

俺 「うわwすごい綺麗だねw」
樹里「そう?よかったwじゃあ、お待ちかねのw」

樹里チムポを一度咥え、涎を垂らして胸で挟み込んだ。
チムポの先が樹里の柔らかい胸の谷間から見えたり隠れたり。

俺 「ああ、柔らかくてすっげー気持ち良い。」
樹里「おっぱいで挟まれた事ある?」
俺 「無いよ。ああ、果歩は出来ないから。」
樹里「あはwそうだよねーwあれじゃこんな事出来ないよねw」
俺 「うん、樹里ちゃん最高だよ。」
樹里「えーwそんな事言われちゃったら嬉しくなるじゃんwじゃあねぇ・・・」


215:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:53:24 ID:wsUao2F8I

樹里は自分のカバンから透明なボトルを取り出した。
ローションだ。俺(こんな物準備してるのか。)

樹里「これ使うともっと気持ち良いよw」

ローションを口に含み、舌で慣らすとチムポを挟んだ胸の谷間に垂らす。
樹里はさっきよりも激しく動き、胸でチムポを扱く。
その間も俺の顔をニヤニヤとエロい顔をしながらジッと見つめる。
エロい。そして、めちゃくちゃ気持ち良い。
でも、イク訳にはいかない。早漏扱いされてしまう。
それだけは避けなければならない。


216:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:53:40 ID:wsUao2F8I

樹里「気持ち良さそうな顔してるねwエロい顔www」
俺 「すっごく気持ちいい!樹里ちゃんの顔もエロいよ。」
樹里「イキそう?イキそう?」
俺 「んんっ!まだイカないよw」
樹里「我慢しないでいいよw大抵の男これでイッちゃうからw」
俺 「イカないよw樹里ちゃんをイカから俺もイクわw」
樹里「無理しちゃってぇwホレホレw」
俺 「絶対イカないw」

しばらく攻防は続いたが、俺は樹里の攻めを耐え抜いた。


217:◆7i65909jMWo4:2014/03/12(水)01:53:58 ID:wsUao2F8I

樹里「すごいねーw絶対イカせるつもりだったのにーw」
俺 「逆に俺が樹里ちゃんイカせてやんよw」
樹里「おおっ頼もしいw」
俺 「でも、樹里ちゃんの口とおっぱいはヤバかったw彼氏の気持ち分るわw」
樹里「こんなデカイチムポ初めてだから大変だったよーwでも、興奮しちゃったw」
俺 「チムポ大好きだなw」
樹里「んーwスキw」
俺 「濡れちゃった?」
樹里「確認してみたら?」
俺 「じゃあ・・・」

こうして樹里との関係が始まった。
樹里とは数年関係が続く。
今は金持ちを捕まえて、悠々気ままな生活の様だ。
果歩とは今でも仲が良いらしく、たまに会っているようだ。

樹里編 了

次記事

【桃編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww 

【鈴香編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【沙織編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww 

【亜子編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww 

【巴編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【志乃編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww 

【美優編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【結衣編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【梢編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【千尋編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww

【真琴編】結婚するから俺の女性遍歴を晒したいwwwwwwww


このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

コメント

トラックバック

aaaaaaaa