ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

嫌な女だと思ってたけど好きになった話をしたいwwwwwwww

fsadfas

1:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)13:22:40 edI

嫌な女だと思ってたけど好きになった話をしたい
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1510806160


2:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)13:23:12 V3G

嫌な女ダナー


3:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)13:24:40 jg9

ぼく「この女キライ!」

女「あたし実はFカップなんだ」

ぼく「好きです」


4:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)13:26:46 r3b

カズノコ天井だったら好きになるのも無理はないよな


11:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:09:36 oZr

>>4
カズノコ天井、経験あんのか?w


24:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:48:29 r3b

>>11
あれはスゴイぞ


5:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)13:29:28 yeS

はよ話せ


6:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)13:31:37 k7V

イッチ マダー
Powered By 画RSS
9:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:03:59 edI

>>6
すまん書き溜めてないから遅くなるかもしれない
よかったらゆっくり聞いてほしい


7:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:00:52 edI

高校生の頃かなりひねくれてた
それは幼少期の頃いじめられてたし両親がかなりの毒親だったから
成績優秀な兄といつも比較されてて俺がテストで悪い点数とってくるとボコボコに殴られて罵られて兄も物心ついた時から両親と一緒になって俺を見下すようになっていった
それでもまだ幼かった俺は純粋だったし兄の誕生日にはお年玉とお小遣いでためたポケモンのゲームカセットをプレゼントしたりしてた
食卓に豪華に並べられた食べ物とケーキ
俺の誕生日のときはスルーというよりまるで忘れられてるかのような対応
俺は少しづつひねくれていった
かといってヤンキーになってぐれるということもなく
というより怖いからなれなかった
高校に上がる頃には口数も少なくはしゃぐ事もなかった俺に
興味を示して好意をよせてくれる女の子も何故かいた
今までそんな事なんか一度もなかったからちょっと嬉しかった
その中でも特にA子がすごく寄ってきてくれた
A子は明るくて家庭的で優しくて皆から好かれてて自分とは正反対って感じで
俺はすぐに好きになった
俺は当時akbオタクで家に大島優子のポスターを飾ったりしててライブにも何回かいってた
その事をA子に告げると私も好き!と言ってくれて更に好きになった
何よりA子は大島優子にそっくりだったっていうのもあるが
それからA子が家にくる事が増えて
両親と兄がいない間だけ他愛もない話しをして
A子の優しさと笑顔にどんどん虜になって
俺はA子に告白した
両親のこと、兄のこと、自分に自信がないこと、
A子に出会ってから少しだけ変わったこと、
A子が好きだってこと
A子は俺の話を遮ることもなくうんうんと聞いてくれた
そしてA子は俺と付き合いたいと言ってくれた

俺はなぜか分からないけどA子の前で号泣してしまった
A子はそんな俺の背中を優しくさすってくれた

今思うとこれが人からうける始めての優しさだったからかもしれない


8:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:02:46 Awe

話終わっちゃった感


12:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:10:35 k7V

ゆっくりでいいから最後まで頼むンゴ


13:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:24:28 gWC

結論をスレタイに書いてるスレってしょうもないよなあ
なんで書くのかわからん


14:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:28:08 edI

次の日学校にいくとクラスの男達とA子が仲良さげに話していた
俺はA子相変わらず人気だなあとか思ってたら
その中の男の一人がニヤニヤこっちを見ながら
オタク参上ーと言ってきた
A子も男と同じようにニヤニヤ笑ってた
おまえ騙されてんの気付かなすぎwwwと煽るほかの奴
俺は訳がわからなかった
何ともいえない顔をしてると
鈍すぎだろこいつwwwと更に煽られる
お前の事落とせたらA子に金やるって賭けてたんだよと言われた
俺は信じられなくてA子を見た
A子の優しかった笑顔はそれとは違う悪意のこめられたものだった

「お前みたいなオタク誰も好きになる訳ないじゃんきしょwww」
俺は怒りで理性を失いA子に殴りかかったがほかの男に殴られた
俺よりもデカイし力が強くて到底かなわなかった

その日から理不尽なイジメを受けるようになった
毎日学校終わりに呼び出されて殴る蹴るの暴行に金をせびられた
顔はいつも何もされず腹とか背中とか見えない所を集中的にやられた
家に帰って親に相談しようかとも思ったが
俺を一目みるなり兄ちゃんは優秀なのにお前は出来損ない、近所の人にあんたの事聞かれるのも恥ずかしいわと言われて
親は頼りにできないと思った

唯一信じられた人間にも裏切られて誰一人味方がいなくなった俺は
その日からいつか皆痛い目に合わせてやるという復讐心に取り憑かれるようになった







頭が真っ白になった
それからA子しか知らないはずの両親のことも皆に広まっていた


15:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:31:40 gWC

でも好きになったんだ
おわり


20:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:38:41 k7V

実話でも創作でもどっちだって良いじゃん


21:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:40:51 gWC

>>20
アホだな
そんなレベルでレスしてないよ
自分が立ててきたスレをなぞってるようなスレで創作心理がわかるから冷やかしてんだ


27:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:50:48 gWC

カズノコ天井は生でこそ


28:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:52:33 QKm

なげーし分かりにくいわ
スレタイで結論出てるし簡単なあらすじ書いて
他の細かい部分は質問返しで補完しろや


31:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:57:00 gWC

ついつい説明するだけには不要なセリフを入れたり、細かい情景を入れたりしてしまってんだ
伝える話と読ませる話の差だね


32:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:57:31 9mP

>>31
便所みたいなID


33:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)14:57:39 gWC

でもカズノコ天井ってそんないいもんでもない


36:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)15:04:43 oZr

>>33
補足してあげるけど何故かブスに多い数の子


37:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)15:05:54 gWC

>>36
なんかわかる
なぜか自分で言うよな
私カズノコ天井ってゆあれるう~て


38:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)15:29:04 edI

俺はどうしたらA子とその取り巻きに復讐してやれるのか考えた
男よりも女の方が執念深いだろうと勝手に踏んで
俺はクラスの女の中でもカースト上位に入るb子に取り入る事にした。B子は密かにA子を気に入ってない感じもあったから。
B子は最初俺と関わるのを嫌がったけど少しづつ話しかけていく内に話をしてくれるようになった
B子の食いつくような話とか全ての面でB子にとって都合のいい奴を演じた

そうしたらB子は最初とは違って俺を居心地のいい相手だと言ってくれた
周りの女子達もB子に続き評価が変わってきて
俺は女子達にクラスのリーダー格に裏で暴力を振るわれて金をせびられていた事とA子に犯人扱いされて困っていると言う事を話した
B子達はA子の事もありすんなり俺の味方についてくれた


それからリーダー格の男達が教室に入ってくる度にB子たちがこの部屋なんか臭くない??なんか油臭いっていうかさーとか部屋の中にいたら空気悪くなる人がいるわーとか煽るようになった

リーダー格の親は工場で働いていたからだろう
そいつは最初こそ威勢がよかったものの
俺がB子達以外にも同じように接していたお陰で大勢対五人みたいな感じになってそれまでどっちつかずな傍観者の半数もこっちの流れにのってきたお陰でだんだん元気をなくしていった
リーダー格に媚びていた同じグループの男も途中からいじめられたくないと思ったのか必死に俺たちに取り入ろうとしてきて可笑しかった
リーダー格が好きだった女の子にも悪評がまわり
リーダー格にはダメージが大きいようだった
必死で俺を悪者にしようとあること無いこと吹き込んでたみたいだったがその効力は虚しく人を見下しバカにする男よりも徹底的に都合のいい人間を演じた俺とじゃどっちにつくかなんて分かりきった事だった

リーダー格はそれでも学校に来ていたものの以前とはうってかわって大人しくなってしまった

俺はそれでも今までされてきた事の恨みと憂さ晴らしのためにクラスの人間をつかっていじめさせた
もうその時には良心すら無くなっていたんだろうな
とにかく無茶苦茶だった

なかイキ上手の高○さん


42:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)16:18:32 edI

俺は人の心に入り込み、本心とコンプレックスを掴むことで人を支配していた
皆俺のことを理解してくれるいい奴だと口を揃えていってたな

2年に上がって相変わらずの生活を送ってた
勉強ができずテストで点数もとれず皆の笑いを誘ってた奴を自分と重ねてイジメた
いつのまにか自分がなりふり構わず痛めつける側の人間になっていた
周りの人間は少しずつ俺に気を遣いだして当たり障りのない言葉をかけてくるようになった
クラスのオタクグループも見下し
自分と似た人間も消してしまいたかった
そんな俺を一人だけ冷めた目で見てくる女がいた
こいつは勝気なキャラから孤立してて俺の理想の女とははるかに正反対の女
空気も読めず我が強くて男の内輪の中でも最下位の女だった
俺のやることなすことに全て嫌悪感を示すような表情で
正直うざかった
でも何も言ってくるでもなく何かあったらイジメてやればいいかの感じで放っておいた

俺はその頃性欲が旺盛だったのもあり俺に好意をよせてくる女を便所がわりにしていた
その女のことは好きでも何でもなかったが
適当に口をあわせて好きだよとか心にもないこといって遊んでた
俺以外にも同じような事してた男がいたし別に悪いことじゃないと思ってた
でもその女だけじゃなく他の女にもちょっかいかけたりしてたから元々遊んでいた女の方にバレてしまった
それでクラス中にその事が広まったが俺は何故か責められなかった
反抗すれば叩きのめされるとでも思ったんだろうな
俺は内輪の男に遊んだ女がどんな体してたかとか笑いながら話してた
そしたら
「お前最低だね、A子の件で痛い目みたくせになんで同じこと人にできんの?」
と孤立してる女仮名あやにしとくに言われた
「お前に関係ないじゃん」
笑いながら言った
「ずっとお前の事みてたけどお前がやってるのはリーダー格とA子と変わらないよ」と真っ直ぐな目で言われた
周りはあやの事を嘲笑ってたもちろん俺も
「傷つけたんだから謝れよ 人として当然だろ」
あやが俺の腕をつかんだ
「騙される方が悪いんじゃん あいつも俺が好きだからずっといたんだろ お前に言われる筋合いないんだけど」
あやの答えを聞く前に俺は帰った


44:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)16:45:11 edI

俺はこれをきっかけにあやもイジメるようになった
反抗してきたのにもムカついたけど正しいことを言われたのが癪にさわった

あやはそれでもめげずに学校にきたし謝れよって言ってきた

その度につくづく大嫌いだと思った

あやはよく昼ご飯に弁当をもってきてた
でもその中身はぐちゃぐちゃだしとても美味しそうと思えるものじゃなかった
だから俺はあやの持って来た弁当を皆で笑った
犬の餌より酷いんだけどwwとか皆も散々だった

あやはその瞬間だけ俺を殴った
今まで見たこともないような目つきで

それからもあやに対するイジメは続いていたが
あやはイジメればイジメる程強くなっていって
皆も反応が面白く無くなってきたのか段々あやに構わなくなっていた
俺はきにくわなかった
何かあやの弱みはないかと思った

真っ向から仕掛けるよりも俺がA子にされたときみたいに
裏切ったらダメージが大きいんじゃないかと考えるようになった

でも散々いじめといて今更仲良くなんて疑われないかなとか色々考えたけどあやの連絡先をB子から聞き出してあやに電話した

「誰ですか?」
「同じクラスの俺だよ」

俺の名前を聞いた途端にあやの声が冷たくなった

「なに?何で私の番号しってるの? 」
「ごめん、B子から聞いた。今までお前に散々酷いことしてたし信じてもらえるわけ無いけど謝りたくてさ」
「は?何いきなり?」

やっぱこいつの態度ムカつくわとか思いながらなるべく申し訳なさそうな感じでつづけた

「あやに言われたことずっと考えてたんだけどあやの言う通りだった。酷いことめっちゃしたし許してなんて言わないけど謝っときたかったごめん」

あやは暫く黙った後に
「私よりも先に謝らないといけない人がいるでしょ」と言ってきた
まだそんな事ひきずってんのかよと思ったがここは俺のことを信用させる為にも謝ることにした


45:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)17:23:17 edI

「あの時はあんな事してごめん」
俺は遊んでた女に謝った
あやは険しい顔で俺を見てた
「あんな酷いことしたし裏切られる辛さとか分かってたのにほんとごめん」

遊んでた女は暫く黙ってたけど何も言わないでその場を去った


はあとわざとらしくため息をついてみせたら
「ちゃんと謝ったし偉いじゃん!」とあやに笑顔で言われた

ちょっと拍子抜けした
どうせネチネチそりゃそうでしょとか言われると思ってたから

「ちゃんとあの子にも誠心誠意伝わったと思うよ!これからはこんな事しちゃダメだよ」と今までにみせた事ないような優しい顔で言われた
でもこの時の俺はまだあやに対する嫌悪感をなくせなかった
とにかくこいつを黙らせたいという気持ちでいっぱいだった

今日はこの辺で切ります
また明日書きます


46:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)20:03:14 ytC

嫌な野郎だな

あんたサイコパスだよ


48:名無しさん@おーぷん:2017/11/16(木)20:57:09 gWC

もう誰も読んでないという


このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

コメント

トラックバック

aaaaaaaa