ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

ツンデレにこれって間接キスだよなって言ったらwwwwwww

faaf

1:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:29:54 ID:i6wLF8umP

ツンデレにこれって間接キスだよなって言ったら
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1412735394


2:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:36:05 ID:8zsFTglyJ

刺されるんじゃない?


3:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:36:40 ID:z4fzBksUN

黙って唾を吐く


4:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:36:56 ID:4NgaIbAYH

お前の場合は吐かれるんじゃない?


5:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:37:03 ID:QrI7lVMaN

爆発する


6:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:37:25 ID:69zsK4rRn

おぇぇぇぇぇぇぇぇ(わざとらしく)


7:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:46:22 ID:WgIpjY6au

>>1「今日は買い物付き合ってもらって悪かったな」

女「まったくよ。私だって暇じゃないのよ?」

>>1「悪かったよ。今度から一人で行くから」

女「誰もそこまで行ってないでしょ?アンタの買い物に付き合えるのは、私くらいのものだし。ホント、幼馴染って面倒ね」

>>1「ありがと。お礼にジュースでも飲むか?」

女「そうね……咽は渇いてないけど……そこまで言うなら貰ってあげる」

>>1「へいへい」チャリンチャリン…ガシャコンガシャコン

女「……」ゴクゴク

>>1「……」ゴクゴク

女「……ねえ、それって新商品?」

>>1「そうそう。けっこう美味いぞ?飲んでみるか?」

女「……そうね。一口だけ――」ゴクゴク

>>1「……これって、間接キスだよな?」

女「――ッ!!バ、バッカじゃないの!?////」

>>1「お?照れてんのか?」

女「そんなんじゃないし!////――もう帰る!!////」ツカツカ

>>1「おーい!明日も買い物行くけど、どうする?」

女「――行くに決まってるでしょ!バカ!」


こうですか?わかりません


8:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:47:02 ID:9W8i877RO

>>7
いいと思います
続けて下さい


9:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:48:22 ID:WgIpjY6au

>>8
続きかよ
ちょっと待ってろ


10:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:49:42 ID:XXqgkQj2M

スレ開いたらなんかはじまたwww


11:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:51:17 ID:nbKrx1Gkd

ツンデレには暴力的+自己中が入ってるのが多いから嫌いだわ
それが無ければ好きなのにな
Powered By 画RSS
12:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:57:38 ID:WgIpjY6au

>>1「……ええと、待ち合わせは10時だったな。15分前だし、余裕だろ」タタタ…

女「――遅すぎるんじゃない?いつまで待たせるのよ」

>>1「あれ?ごめんごめん。……ってお前、来るの早すぎだろ」

女「アンタが遅いのよ。1時間も待ったわよ……」

>>1「……1時間前から来てたのかよ……」

女「――ッ!そ、そんなことないわよ!////」

>>1「はいはい。……ったく、こっちは早めに着こうと急いだのに……」

女「……はい、これ」

>>1「……?何このジュース?」

女「……アンタの分よ。喉、乾いたでしょ?」

>>1「あ、ああ……ありがとう」

女「……ほんと、世話が焼けるわね……」クス

>>1「……なあ」

女「何よ」

>>1「俺の分、お前も飲むか?」ニヤニヤ

女「―――ッ!い、いらないわよ!////」

>>1「何顔赤くしてんだよ」

女「あ、暑いからよ!////――ほら!さっさと行くわよ!」スタスタ…

>>1「あ!ちょっと待てよ!」タタタ…


13:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:59:44 ID:Dgd8L50U2

>>12
なかなか興味深い
続けてくれ


14:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:09:45 ID:WgIpjY6au

>>13
自分のスレ書くつもりだったけど……とりあえず続ける
嫌なら止めるから言って


女「……で?何を買うの?」

>>1「ええと……この前CMで見た映画のDVD」

女「そんなのレンタルでいいじゃない。それなら、映画とか見れば?」

>>1「いやぁ……さすがに一人で映画は抵抗が……」

女「……一緒に見る女の子とか、いないの?」

>>1「いるわけないだろ。俺、モテないし」

女「……そっか……うん!そうだよね!」

>>1「なんでお前が機嫌よくなるんだよ。モテない俺への嫌味か?」

女「そんなとこよ。……でも、あんまりアンタが可哀想だから、私が一緒に行ってあげる」

>>1「え?いいよ、別に……」

女「何よそれ!私じゃ不満なの!?」

>>1「そういうわけじゃないけど……お前だって、他に遊ぶ奴がいるだろ」

女「まあそうなんだけど……それはいいのよ。私の勝手だし」

>>1「そんなもんか?」

女「そんなもんよ。――それより、早く行くわよ」スタスタ…

男「あ、ああ……」スタスタ…


15:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:13:43 ID:5YI9bwqo0

続けたまえ


16:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:14:41 ID:i6wLF8umP

無理に>>1ってする必要ないだよ


17:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:18:36 ID:WgIpjY6au

>>1「……いやあ、思ったより面白かったな。恋愛ものって苦手だったけど、これはよかった」

女「……」グスッ…

>>1「……?泣いてんのか?」

女「な、泣いてないわよ!バカ!」グス…

>>1「そ、そう……それより、早く出ようよ」

女「……」

>>1「……?どうした?」

女「……まだ、出たくない……」

>>1「……あ、そういうことか……」

女「……」

>>1「……しょうがねえな。ホラ、立てよ」グイッ

女「――!」

>>1「俺の後ろくっ付いて歩けよ?そしたら、顔、見られないだろ」

女「―――だから!泣いてないって言ってるでしょ!?」

>>1「はいはい。わかったわかった。――ほら、行くぞ」スタスタ…

女「……うん」スタスタ…

>>1「……」スタスタ…

女「……」スタスタ…

>>1「……」スタスタ…

女「……ありがと……」ボソッ

>>1「……礼はいらねえよ……」


18:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:22:23 ID:jeFJuCytY

この>>1がイケメン過ぎて惚れそう////


19:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:25:10 ID:XXqgkQj2M

あれ?>>1がイケメンだと…


20:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:30:33 ID:WgIpjY6au

スタスタ…

>>1「――すっかり遅くなったな」

女「そうね。アンタ、結局何も買ってないじゃない」

>>1「そりゃそうだろ。何か買おうとしたら、お前が持ってるから貸してあげるだのアンタには似合わないだのグチグチ言ってくるし……」

女「私のせいって言うの!?」

>>1「そうじゃないけど……ただ、いいのか?なんか色々貸してくれるって言ったけど」

女「それはいいのよ。私が好きで貸すだけだし」

>>1「え?」

女「え?」

>>1「い、いや……その……好きで、貸すって?」

女「―――ッ!!ち、違うからね!そんな意味じゃないからね!/////」

>>1「そ、そんな意味って……どんな意味だよ」

女「~~~ッ!!!////な、何でもないわよ!!////――帰る!!」ダッ――

>>1「お、おい!」ダッ――

ダダダ――

>>1「何で走ってんだよ!おい!」

女「うるさいうるさい!何も言わないで!!」

>>1「おい!待てって!」

女「ついて来ないでよ!!」

ダダダ――

風俗で働き始めた妻の初めての客は…


21:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:31:59 ID:jeFJuCytY

いい







いい


22:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:33:05 ID:6aI4UpMSJ

開いたら>>1がイケメンだった
続けろください


23:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:34:26 ID:x5in1rpey

これは事故が起きるパターン


24:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:43:54 ID:WgIpjY6au

ダダダ――

>>1「おい!待てって!」

女「ほっといてよ!」

>>1「ほっとけるかよ!」

女「どうしてよ!」

>>1「なんでって!――だって……俺……!!」

――ププー!!

女「――ッ!?」

>>1「車!?――危ない!!」バッ!!

女「――ッ!」ガバッ!!

―――キキーーーーー!!

運転手「あぶねえだろ!!気を付けろ!!」

ブーーーーーン……

>>1「……あ、危なかった……」

女「……」

>>1「おい、ケガなかったか?」

女「……うん」

>>1「……よかった……とりあえず、立って――」

女「――待って」ギュッ

>>1「……!!」

女「……もう少し、このまま……」

>>1「……あ、ああ……」

女「……」

>>1「……」


25:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:48:02 ID:GOkFAPfg2

ちょっと恋してくるわノシ


26:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)12:50:08 ID:RNHMQ56it

>>1(フェラァ)
女(フェラァ)
>>1「これって間接キスだよな」


27:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)13:00:26 ID:h50V0HFqz

いい昼休みでした
ありがと


28:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)13:06:34 ID:i6wLF8umP

そうか俺はイケメンだったのか


29:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)13:25:14 ID:WgIpjY6au

辺りは夜の色が濃くなっていた。
西の空には僅かに茜色が残っているが、空全体が藍色に染まるのは間もなくだろう。

さっきまで隠れていた星々は、太陽の代わりをするように、空一面に煌めき始めていた。
星降る夜――そう言える程、見上げた景色は幻想的だった。
揺れ動き、優しい輝きを放つ光の粒子……手を伸ばせば掴めそうなほど、すぐ近くにあるように見える。

遠くからは電車がローカル線を走る音が聞こえる。
ガタンガタン……ガタンガタン……
高鳴る心臓のように、等間隔で街に響く。

俺達の頭上の星がハッキリと光り始めた頃、道路わきの街灯が一斉に点灯し始めた。
チカチカと音を出しながら、道路を照らす街灯。そして、光が並ぶアスファルトの道路。
それはまるで、光の道のようだった。

「……」

「……」

俺と彼女はお互いに動かない。でも、体に回したそれぞれの腕は、強く握られていた。
決して離すことのないように。決して離れることのないように。
強く強く、心ごと包み込むように、ただ寄り添い抱き合っていた。


30:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)13:25:26 ID:WgIpjY6au

「……また、買い物行くかな……」

震える唇から、ようやく声が出てくれた。

「……一人で?」

彼女も俺の声に反応する。

「さあ。……誰か、一緒に行ってくれたら嬉しいんだけど……」

「……私が、行ってあげるわよ……」

そう話す彼女の口調は、少しだけ穏やかだった。いつも聞く声。だけど、普段とはどこか違う声。
その声は、胸の奥まで響いていた。

「……いいのか?」

俺の問いに、彼女は微かに微笑みを浮かべる。
そして胸に沈めた顔を離し、俺の顔を見上げた。

「――いいのよ。……好きで、一緒に行くだけだし……」

「……そうか……」

小さく声を出した後、もう一度空を見上げる。
いつの間にか月も輝いていた。

星と月……二つの光は寄り添うように、俺達がいる藍色の街を照らしてた。
優しく、そっと……。


終わり


31:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)13:28:12 ID:nbKrx1Gkd

おつ

初恋してくる


32:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)13:28:27 ID:GOkFAPfg2

何このノスタルジックな終わり方
無駄にときめいただろが










激しく乙


33:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)13:33:37 ID:WgIpjY6au

これで良かったか?

ってことで消える


34:名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)14:56:03 ID:XXqgkQj2M


てか本題からそれたなwww

ノーブランド品 タクティカルジャケット XS Black

このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

コメント

トラックバック

aaaaaaaa