ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
神姫PROJECT

韓国人に彼女寝取られた話する    ~beautiful nightmare~ 2

cxvx

64:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)22:47:39 H0Z

前記事

韓国人に彼女寝取られた話する    ~beautiful nightmare~ 


周りはほとんどが話半分で聞いててカン君の話を受け流していた。でも女の子の中には結構真に受けてる人もいて、「なんで日本って韓国に謝らないんだろうね」「天皇が韓国に謝ればいいのに」とか言ってる人もいた。
俺も最初は受け流してたけど、聞いているうちに段々とイライラした。
「確かに日本の政治はクソだけど、韓国に言われたくない」
酔いがまわっていたこともあって、強い語調で反論してしまった。
反論されたカン君もイラッとしたようで、更に強い口調で日本をディスって来た。
もうそっからは議論というよりほとんど口喧嘩だった。酔っていて最後どうなったのかすら覚えていない。けれど、カン君の知識は凄く、対して俺の知識は聞きかじった程度のもので、最後らへんは大分劣勢だったような気もする。
後味悪く、飲み会は終わった。
 韓国人に彼女寝取られた話する    ~beautiful nightmare~  
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1432387035


67:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)22:49:37 H0Z

飲み会には彩も参加していた。
帰りに彩の家によって、そのまま泊まることした。
「大丈夫? 頭痛くない?」
彩は俺のことを気遣ってくれた。
そのやさしさがありがたかった。


71:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)22:53:34 H0Z

二人一緒のベッドで眠る。
布団の中で彩がひっついてくる。触れ合っている部分から彩の体温を感じる。
「えへへ、るっきーあったかい」
「むしろ熱い」
俺の不平を無視し、更に張り付いてくる。彩の鼻が俺の首筋にあたる。
「あー、るっきーの匂い」
「やめろ嗅ぐな」
ちょっと恥ずかしい。汗臭くないだろうかと心配になる。
「この匂い、癖になるね」
「ちょっと変態っぽいな」
「るっきーも嗅いでみればわかるよ。この匂いハマるから」
「自分の匂い嗅いで『うーん、スメルズグッド!!』とか言ってたらそっちのほうがヤバいやつだよ」
「あはは、確かに」
耳のすぐそこで彩の笑い声が響く。
すりすりとほっぺたを擦り付けてくる。
「あー……なんだろう」
「なんだよ?」
「なんかベランダに飛び出して、『私、すごい幸せだー!』って叫びたい気分」
「近所迷惑だからやめようね」
「じゃあ代わりにるっきーのほっぺたぷにぷにする」
「いみわからん」
彩が軽く体を起こして、俺の頬をつまんでくる。
「あー、いいですわー」
「ひゃめろ」
「あはは、何言ってるかわかんない」
彩が楽しそうに笑う。


74:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)22:55:09 H0Z

「しかしあれだ、うん。るっきーのほっぺたはお金とれるね」
「とれるか」
「一回50円くらい」
「やすっ」
「ほほー、そのほっぺたはもっと価値があると?」
彩がニヤニヤしながら聞いてくる。
「いや、そういうわけじゃなくて……」
「じゃあ一体どういうわけなの?」
「えっと……」
返答に困ってしまう。
意地悪そうな笑みを浮かべながら、ほっぺたを指でつんつんしてくる。
「あはは冗談、るっきーのほっぺたは私のなんだから、私以外に触らせちゃダメだよ」
「安心していい。触りたがるの彩くらいだから」
「はい。代わりに私のほっぺた、触って良いよ」
手を伸ばして彩の頬を摘む。
「やわらかい」
「5000円になりまーす」
「金とるんかい」
「あはは」
その後も、とりとめのない会話を続けた。
Powered By 画RSS
77:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)22:57:01 H0Z

飲み会が終わってから2週間もしないうちに、同じ学科で同じ学年の加藤から飲み会に誘われた。
今度は学科の飲み会じゃなくて少数での飲み会だった。
加藤は俺とそこまで仲良くないので、不思議に思った。カン君と仲が良いのも気になる。
あれからカン君とは話していない。前は席が近くになった時に軽いお喋りくらいはしていたのに。
メンバーを聞くと、俺を含めて4,5人で、俺と仲が良い人はいなかった。
けど「絶対、絶対来てね!」と、かなり強めに誘われたので断れなかった。
まあ適当に参加して早めに切り上げるか、と思った。


84:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:04:58 H0Z

大分飲み会が進行したところで、急にカン君が質問してきた。
「春樹くんと彩さんは付き合ってるんですよね」
「うん、そうだけど」
隠すことでもないので素直に答える。というより大学でもバカップルやってるので一目瞭然だと思うが。
「彩さんって可愛いですよね」
「あ、うんまあ」
「自分、彩さんに惚れてしまいました」
「……え?」
唐突なカン君の発言に戸惑ってしまう。
「アプローチしてもいいですか?」
周りが「おー、略奪愛か?」「修羅場だ」などと面白半分に騒ぐ。
飲み会に参加してる酔っぱらったカン君の友人達は明らかにこの状況を楽しんでいた。
ただ、加藤だけはどん引きしてた。「コイツ何言ってんだ?」みたいな顔をしてた。
多分俺も同じような顔をしてたと思う。
「えっと……まあいいんじゃない」
俺はそう答えてしまう。自信があったわけじゃない。周りの空気がNOと言わせなかったのかもしれない。
ただ、ダメだと言ったら、男として小さいような気がした。自分がカン君に男として劣っていると認め、逃げることと同義だと感じてしまった。用は張らなくてもいい変な意地を張ってしまった。
俺の答えに周りが沸く。「どっちが男として魅力的か正々堂々の戦いだね」「男と男の真剣勝負ですなー」他人事だと思って楽しそうに煽ってくる。
「どちらが彩さんのハートを射止めるか正々堂々勝負です」
カン君も周りに乗せられたのか手を差し出してくる。
射止めるも何も俺と彩はもうすでに付き合っている。
何かがおかしいと感じながらも、俺は差し出された手を握った。
加藤だけは心配そうな目でこっちを見ていた。


89:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:11:36 H0Z

飲み会でのことは彩には黙っておいた。
本当は「カン君に気をつけろ」とか「カン君が彩のこと狙ってるらしい」とか警告したかったけど、告げ口してるような気がしたので言わなかった。みみっちいような、卑怯な感じがしたのだ。
これも単なる意地だった。


92:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:18:17 H0Z

しばらくして、彩から、同じバイト先でカン君が働き始めたと聞いた。
それを聞いて俺は、焦りと恐怖を感じた。ここまで露骨にやるかと思った。
けど彩に動揺を悟られないように興味のないふりをした。男の嫉妬はみっともないと思った。


95:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:20:56 H0Z

大学にいる時に、カン君が話しかけてくる頻度が段々増えていった。
最初は話を俺に振るのだが、その後に彩と話し込む。狙いが彩なのは明白だった。
二人はよく、俺が知らないバイトの話とかで盛り上がった。
大学で、俺、彩、カン君の三人でいることが多くなった。
遠巻きから事情を知るカン君の友人達がニヤニヤとそれを見ていることがあった。


96:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:22:39 H0Z

彩はバイトの出勤を増やした。
お金を貯めたい、と言っていた。
大学以外で彩と過ごす時間が段々と減っていった。
俺もバイトと課題で忙しかった。

二人でいる時も、カン君の話題が増えていった。確かに共通の友人なので、話題にはしやすい。彩のバイト先での話も多くなった。
二人の日常が段々と、カン君に浸食されているような気がした。
焦りがあった。このままでは彩を奪われてしまうという危機感があった。
でもどうすればいいのか、わからなかった。
結局、俺には、彩を信じることしか出来なかった。
彩は前は行ってなかったバイトの飲み会などに参加するようになった。


97:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:26:54 H0Z

そして案の定と言うか、俺は彩にフラれた。
彩には死ぬほど謝られた。
だがそれだけだった。
大事なものなのに、こんなにもあっさりと失ってしまうものなのか、と思った。
心にぽっかりと穴があいた気分、とはこういうことを言うんだなとわかった。
人生で今まで感じたことのない喪失感だった。
虚しかった。
悲しかった。
心が壊死したかのようだった。

そしてしばらくして彩とカン君が付き合い始めた。


101:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:32:43 H0Z

考えてみれば俺がカン君に勝っている部分はなかった。
顔もあっちのほうがイケメンだし、ガタイだっていい。恐らく運動だってあっちのほうが出来るだろう。日本語しか喋れない俺と違って何カ国語も話せるし、頭だってあっちのほうが良い。コミュニケーション能力だって段違いだ。カン君には異国でも人気者になれる魅力がある。
あまりにも完敗過ぎて比べていて虚しくなる。
唯一、俺が勝っていることをあげるとすれば、彩との積み上げた時間だが、そんなものは半年足らずで覆されてしまった。そして、それも遠からず負けてしまうのだろう。


105:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:35:25 H0Z

俺は大学で一人で過ごすようになった。
授業も一人で受け、休み時間も一人で過ごす。
俺は大学でほとんどの時間を彩と過ごしていたし、彩の次に話していた相手がカン君だったからだ。
新しい友達を見つけようにも、二年生なのでもうグループやつるむ相手が固定されてしまっている。
みじめだった。
俺は大学で四六時中彩と一緒に居たので、急に一人で過ごすようになれば、フラれたということが丸わかりだ。特に同じ学科の学生の視線が嫌だった。
恥ずかしかった。彼女を寝取られ、それを周りに周知されるというのは想像以上の屈辱だった。


111:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:40:06 H0Z

一方彩はカン君と過ごすようになった。
最初のうちは人前でいちゃつくことを遠慮していたし、俺とすれ違うと気まずそうに顔を伏せていたが、すぐに人前でもベタベタするようになった。
前の俺達以上に一目を憚らない二人だった。
見たくないものほど嫌なものほど目に入ってくる。
カン君と彩は手を繋ぐのはもちろん、人前でも普通にキスをした。
彩がウットリした顔で、カン君の唾液を飲まされるのを見せられた。
授業中ふと見ると、カン君が彩のスカートの中に手を突っ込んでいる時があった。
ああ、これから彩は、俺とじゃなくカン君と手を繋いだりキスをしたり、一緒に寝たり、彩の部屋に入り浸ったり、ちんこぷたーするんだろうなあ、と思うとこの世から消えたくなった。


115:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:44:10 H0Z

ある日、加藤から食事に誘われた。
何か話したいことがあるようだった。「カン君のこと?」と尋ねると頷いた。
「あれはちょっと酷いと思う」
彩とのことだろうな、と予想はついたが、加藤が話してくれた内容は俺の想像以上だった。
カン君は、内輪での飲み会の時に、彩との性生活を語っているようだった。それだけならまあ惚気と捉えられなくもない。品はないけど。
そうではなく、ハメ撮り写真を見せびらかしたり、彩は恋人ではなくセフレだと公言したり、堕とすのチョロかったなどと言ってバカにしたり、かなり酷い発言をしてるらしかった。
怒りと同時にとても悲しくなった。俺の大好きな子が、そんなぞんざいな扱いを受けているなんて。
「……実は俺も持ってるし」
「何を?」
「……ハメ撮り写真」
「…………見せてくれ」
「いいの?」
「うん」
辛い光景でも、元カレとして現実から目を逸らしてはいけない、というなんの意味もない謎の使命感にかられた。


117:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:46:04 H0Z

「これ、とか」
写っていたのは俺がよく知っている彩の部屋だった。ただ一つ違うのは壁に貼られていた夏目有人帳のポスターが剥がされ、代わりに韓国の国旗が張られていた。
画面の中心では、裸の彩がピースサインをしていた。恋人に向ける無邪気な笑顔を浮かべている。彩はこの写真が仲間内で晒され、飲みのネタになっていることは知らないのだろう。
「動画とかも見せびらかしてた」
「……」
「大学のトイレでフェラさせてるやつとか……」
「……」
怒りで頭が変になりそうなる。
「多分どうにかできるのは春樹だけだと思う」
俺は彩と話してみることを決心した。
最後に加藤から「なんかごめん」と謝られた。
別に加藤が悪いわけではないので、気にするなと言った。


118:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:48:55 nmY

https://youtube.com/watch?v=R7x_FCTHKNI

EDにどうぞ


122:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:53:45 UiW

>>118
無駄にかっけーw


120:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:50:21 Vwz

>>彩は恋人ではなくセフレだと公言したり

韓国に帰ればもっといい女と付き合えるのに日本人の女と付き合うわけないだろ


121:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:51:38 H0Z

俺は彩が一人になった時を狙って、彩に話しかけた。久しぶりに話すのでかなり緊張する。
「久しぶり」
「うん、久しぶり……」
気まずい空気が流れる。もうあの頃には戻れないんだなと思って悲しくなる。
当たり障りのない会話して、本題を切り出す。
「今日、大学終わってから時間ない? 話したいことがあるんだけど」
「ごめん、今日は無理」
「じゃあ今週で時間取れる日ある?」
「ごめん、今週は無理」
「…………」
仕方ないのでこの場で話してしまうことにした。本当はもっと時間に余裕がある時に落ち着いた場所で話したかったのだけど、贅沢は言っていられない。
俺は加藤から聞いた話を話した。
「言いづらいけど、彩は遊ばれてるだけなんだよ……」
「……」
「……」
「…………正直」
「うん?」
「今の春樹くん、すっごくかっこ悪いよ」
「…………」
ショックだった。俺の言葉を信じてもらえないのが悲しかった。春樹くんと呼ばれたのが二人の距離を表しているようで寂しかった。
「私みたいな悪い子じゃなくて、もっといい女の子見つけてね」
「……」
「じゃあ……」
それだけ言うと彩は去っていった。


124:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:55:03 H0Z

俺は大学をサボるようになった。
大学でも、それ以外でも、一人の時間が多くなった。
一度サボると、大学に行くのが面倒に感じられるようになった。
そして段々とサボる頻度が多くなっていった。
出席数が足りない授業がでて来た。
彩が妊娠したと聞いた。

俺は結局、二年留年してしまった。
あれから彩にもカン君にも加藤にも会っていない。
だから、その後彩がどうなったのかはわからない。

おしまい。


フェイクと誇張ある。特に後半。
けど大まかな部分はガチ。


125:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:56:39 zCP

おつw


126:名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)23:57:26 bt2

デジャヴ

次記事

韓国人に彼女寝取られた話する    ~beautiful nightmare~ 3

(エイト) 8(eight)4color ヒゲ ロゴ プリント プルオーバー パーカー スウェット ストリート ベージュ LL(エイト) 8(eight)4color ヒゲ ロゴ プリント プルオーバー パーカー スウェット ストリート ベージュ LL



Amazonで詳しく見る by AZlink

このエントリーをはてなブックマークに追加
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~ Powered By 画RSS

コメント

1 .名無しさん2016年02月26日 16:37▼このコメントに返信

情けない男やな

2 .名無しさん2016年02月26日 16:41▼このコメントに返信

おーぷんのスレって時点で色々お察し
アソコ今K-NTRを関係ないスレでゴリ押しする荒らしがいるから、十中八九そいつの作り話だろうな

3 .2016年02月26日 16:48▼このコメントに返信

すごいなあまるで小説みたいだ!

4 .名無しさん2016年02月26日 17:04▼このコメントに返信

こんなしょうもないケータイ小説を今頃まとめた理由は何だ?

5 .名無しさん2016年02月26日 17:11▼このコメントに返信

最初の3行まで読んだ

6 .ななしさん2016年02月26日 23:21▼このコメントに返信

いいですね。
これが本当か嘘か定かではないですが、日本人の韓国人に対する憎悪の高まる。
私達日本人は、餓鬼道、亡者の道を進む韓国人を滅ぼさなければならないと思います。

トラックバック

aaaaaaaa