ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 5

erwa

179:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)00:09:55 vG3

前記事

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか?


高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 2

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 3

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 4



よし、ちと早いけど再開や。


それからワイとさつきは少し休憩しつつ、ワイがエロい気分になるいうんはどういうことかぎこちなく説明した。

さつき「エロい気分になるときって、身体中むずむずするん?」
ワイ「せや、それからなんか、焦ってるときと似たような気分せえへんかったか?」
さつき「した、じっとしておれんかった」
ワイ「そうそう、それもエロい気分になったときに感じるんや」
さつき「...大変なんやね、エロいって」
ワイ「せやな、大変なんや、でも気持ちいいんや、やからするんや」

どんなやねん。


180:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)00:21:57 vG3

ワイ「その、さつき、大丈夫か?今日はもうやめよか?」
さつき「...うーん...」
ワイ「別に今日しかないわけやないしな、無理することないんやで」
さつき「ううん、あのな?」
ワイ「ん?」
さつき「あたし、まだ全然治ってへんの」
ワイ「え?」
さつき「今もなんかむずむずして、ドキドキして、...やらしくなってんの、あたし」

ドン、と音がした。自分の心臓の音だった。


181:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)00:25:14 TAe

ワイが壁を叩いた音やで
Powered By 画RSS
182:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)00:37:14 vG3

さつきの潤んだ目から視線をはずせなかった。さつきが意識してやっとるかは知らんけど、
表情のすべてが誘ってるようやった。ワイは我慢できずに、さつきにキスをした。
何度も何度も繰り返し唇を重ねて、それだけや足りなくなって、さっきさつきに拒否された、
上唇をくわえるようなキスもした。嫌がっとったのが嘘のように、さつきは甘い声を出した。

ワイが胸に手を伸ばしても、もうさつきは抵抗せんかった。今度は、胸の柔らかな反発を楽しむように揉んだ。
さつきが何か言ったような気がしたけど、もう抗議してるような感じに聞こえんかった。


183:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)00:45:10 XiW

昨日レスしたワイやけど
物心ついて間もない頃から悩み抱えてる子は悩んできた分、人の気持ちがわかるのかもやな
でも、中身はちゃんと年頃の女の子やしな
イッチと重なるとこ多すぎて焦る


184:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)00:48:38 vG3

キスして、身体中をさわった。服の上からってことだけで、もうそれは愛撫みたいなもんやった。
さつきは一つ一つに反応した。首すじにキスしても、背中を撫でても、甘い声でびくんと身体を跳ねさせた。

ワイはキュロットのジッパーに手をかけた。さつきはちょっと不安そうにワイを見た。本番はせんよね?と視線が訴えかけてきとった。
ワイはさつきの髪を撫でて、「手でさわるだけや、優しくするから」と耳元で言った。さつきの強ばった身体が少しだけゆるむのがわかった。


185:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)00:58:31 vG3

ワイはジッパーをおろして、さつきのキュロットをゆっくり脱がせていった。さつきのきれいな脚を通り抜けていくキュロットがなんともエロかった。

キュロットの下は水色のショーツやった。見覚えがあった。ワイがさつきに見透されたあの日、つけとったショーツに見えた。

ワイはショーツにも手をかけた。そしてまたゆっくりとおろしていった。丸みのある腰があらわになって、
それから下腹から続くきれいな女性のライン、そして、つやのある恥毛。何もかも素敵やった。


186:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)01:08:17 vG3

さつきは恥ずかしそうに顔を隠しとった。ワイも恥ずかしかったんやから当然か、と、ほほえましい気持ちになった。

ワイはまたさつきの髪を撫でて、脚、開いてくれんか、と言った。
さつきは顔を隠したまま横に振った。ワイはさつきの太ももを撫でて、さつきに耳打ちした。
「さつき、大好きや、やから安心して、脚開いて」

さつきが脚の力を抜いていくのがわかった。ワイは片方の手で太ももを撫でて、もう片方でさつきの髪を撫でた。
少しずつ脚の間が開いていった。


187:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)01:19:50 vG3

ワイはさつきの正面にまわって、開いていく脚に手をそえた。
さつきの一番大切なところが見えた。エロ小説で、よく女性器を花に例えるけど、さつきのは本当に花みたいにかわいくてきれいやった。

そっと内ももを大切なところに向かって撫でていって、ゆっくり、さつきがびっくりしないようにゆっくり、そこに触れた。びくんと太ももが痙攣した。

さつきのそこは暖かくて、しっとりとしていた。ワイは指をゆっくり動かして、そこを刺激した。さつきの声が高くなった。気持ちええ?と聞くと、さつきはコクンとうなずいた。


188:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)01:32:52 vG3

さつきをできるだけ思いやりながら、ワイはそこにゆっくりさわり続けた。
さわっているうちに、さつきが指が通るたびに声を上げる場所があることに気がついた。そこを優しく、念入りにさわっていると、さつきが、あかん、といった。
さつき「あっ...もう、あかん、おかしくなる、なんかむずむずする」
ワイは、さつきの手を握った。大丈夫や、しっかり握っとけ。と言ってさつきをさわり続けた。

さつきはひときわ大きくびくんとなった。少し息が苦しそうな甘い声がさつきから漏れた。
初めて、さつきが自分の身体で気持ちよくなった瞬間だった。


189:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)01:42:09 vG3

さつきはしばらくぼうっとして、初めて最後まで達したことに戸惑ってるようにも見えた。

ワイ「大丈夫かさつき?」
さつき「うん...」
さつき「なんか死ぬかと思うくらいドキドキした」
ワイ「かわいかったで」
さつき「おかしくなかった?」
ワイ「なんもおかしいとこなかったで、あときれいやった」
さつき「...すけべ」

ワイとさつきは、こうして初めて互いに全てをみせあった。本番こそしなかったけども、ワイとさつきは、このとき本当にパートナーとして出発した。


190: :2015/07/16(木)01:45:13 vG3

今度こそ本当に終わりや
いやこんなに長くなると思わんかった。へたくそな自分語りやけど、読んでくれたみんなホンマにありがとうやで


191:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)01:47:59 6Kr

ただのエロスレかと思ったら引き込まれて読んでまったわ
サンキューイッチ


192:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)03:14:46 aay

イッチお疲れ


193:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)03:29:30 Uq6

イチオツ
また続き書いてもえぇんやで?(ニッコリ


194:名無しさん@おーぷん:2015/07/16(木)03:52:48 z0m

なんやこれ、文章でこんなにオッキしたん初めてやで

ワイの高校時代のエロかったことは彼女にアナル舐めてもらったことやな
あれは忘れられん

次記事

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 6 

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 7  

【ノーブランド】メンズ レディース スウェット上下セット ジャージ ダンススウェット #T120 L グレー【ノーブランド】メンズ レディース スウェット上下セット ジャージ ダンススウェット #T120 L グレー



Amazonで詳しく見る by AZlink

このエントリーをはてなブックマークに追加
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~ Powered By 画RSS

コメント

トラックバック

aaaaaaaa