ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
神姫PROJECT

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 3

bvv

112:名無しさん@おーぷん:2015/07/12(日)16:00:30 GiV

前記事

高校時代にあったエロい体験を語ってもええか?


高校時代にあったエロい体験を語ってもええか? 2


イッチ、続き楽しみにしとるで
高校時代にあったエロい体験を語っても
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1436457952


117:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)02:15:57 Ckc

さ、今日はまずさつきとしたエッチいことを書いてくでー


さつきが普通の女の子やないことをワイに打ち明けてくれた次の日、ゴッツのお陰でワイとさつきに関する誤解はほとんどとけて、
じゃあ二人はどんな関係なんやとみんな知りたがった。
オリトッモ「じゃあお前らカレカノなんか」
ワイ「ちゃうんや、えーと、そのな」
ゴッツ「おい、はっきりせえ」(ゴッツの重低音がクッソ怖かった、ほとんど威圧やった)

さつきはさつきで質問責めされとって、ちゃんとした答えをどうするかと昼休みに校庭のすみっこで話し合った。

ワイ「あーどうしよ...彼氏彼女ではないんやけど」
さつき「悩みを相談する仲、とか?」
ワイ「それで通ればええねんけど...そうはいかへんやろなあ」
さつきとワイ「「はー」」
ワイ「...あのな、みんなには彼氏彼女っていうふうにいうてもええかな?」
さつき「えー、ちゃうって約束したやんきのう」
ワイ「そうなんやけど...クラスの連中は納得せえへんやろ、カレカノってことやないと、いろいろ」
ワイ「とりあえずクラスの連中にはそう言っておいて、ワイらの中ではちゃうと、そういうことにせえへんか?」


118:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)02:20:14 Ckc

さつき「ん~」(いかにもイヤそうやった、ワイもさつきに申し訳ない気持ちやった。)
さつき「しゃーない、わかった。それやったらみんな納得するもんな、了解や、みんなの前でだけカレカノや」

という感じでさつきには折れてもらい、みんなの認識はワイとさつきは彼氏彼女やということになった。(約1名、騙せてないやつもおったんやが)


119:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)02:40:33 Ckc

まあそんな感じでまさしく激動の一週間が過ぎた土曜日、携帯にさつきからのメールがはいっとった。
今暇?とだけ書かれたメール。暇やでと返した。
そしたら今度は電話がかかってきた。ワイはなんかちょっと予感がしつつ、その電話をとった。

さつき「もーし、なんや寝てたんか眠そうな声して」
ワイ「いや、もう起きとる起きとる、どうしたんやさつき?」
さつき「あのな、...あの、早速で悪いねんけど、付き合ってくれへん?」
ワイ「あ、ああ...ええで」

ついに来たなと思った。何度なっても慣れへんあの顔の熱さを感じた。

さつき「じゃあ、家で待っとるけん、来て、あ、それと」
ワイ「うん?」
さつき「こないだ買ったゴム、持ってきてや」
ワイ「...言わんでもわかっとるわ」


120:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)02:58:30 Ckc

それからワイは着ていく服がないとひとしきり焦って、髪どうしようとドライヤーでなんとか寝癖だけなおして、
行く間際にさつきに言われとったコンドームを忘れてて玄関から部屋に引き返し、もう落ち着くどころやない状態でさつきの家に行った。

さつきの家のインターホンを押すと、こないだと同じようにさつきが出てきてくれた。けど今回はちょっと装いが違った。
服がスカートに似た黒くて短いショートパンツ(キュロットと言うんやとさつきから教えてもらった。)で、上は薄いピンクのパーカーやった。すらっと長い、綺麗な脚を見て、ワイは早くもムスコが大きくなってくるのがわかった。

はいって、と言われて家に上がり、そのままさつきの部屋に入った。女の子らしいかわいいクッションに座って、他愛ない話をした。

しばらくして、会話がちょっぴり途切れた。さつきがワイを見つめた。ワイは顔真っ赤になるのがわかったけど、構わずさつきを見つめた。


121:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)03:18:31 Ckc

さつきが小さい声で、「ええかな?」って言ってきた。
ワイは頷いた。心臓が破裂するんやないかと思うくらいバクバクした。
本番はしばらくなし、とさつきと約束しとったけど、初めて女の子に
ち◯ち◯見られてまうのかと思って、不安にも思った。

さつきがそっと手を出してワイの顔を撫でた。ワイもさつきの顔を撫でた。ちょっとずつ顔が近づいて、さつきは目を閉じた。ワイも目を閉じた。
唇と唇が触れ合うのがわかった。さつきの唇はやわらかくて、くすぐったいような快感がぞくぞくと身体中に走った。
さつき「ファーストキス?」
ワイ「...うん」
さつき「あたしもやで」
さつきがあの、いたずらっぽい笑いかたをした。頬が赤くて、目がちょっと潤んどって、ほんまにかわいかった。


122:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)03:37:40 Ckc

それから、二回、三回と、さつきとキスした。触れるだけのキス。多分へたやなと自分でも思った。さつきはクスっと笑って、「キスもいっぱい練習せんとね」と言った。ワイも、すまんな、と苦笑いした。

それから、さつきとワイはさつきのベッドの上に腰かけて、キスしながらいちゃついてそのうちどちらともなくベッドに倒れこんだ。

さつき「もうたっとる?」
さつきがワイの耳に耳打ちしてきた。吐息まじりの甘い声やった。ワイは恥ずかしくてとても声に出して返事なんてでけへんかった。ただ頷くのが精一杯やった。
Powered By 画RSS
123:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)03:39:06 noN

今更やけど、さっきの地震は大丈夫やったんか?


125:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)03:51:49 Ckc

>>123
地震わからんかったわ...九州か、被害大丈夫やろか


124:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)03:51:17 Ckc

さつき「さわってもええ?」
ワイ(コクン)
ワイが頷くと、さつきの手が腰の辺りに触れた。そこからゆっくり、ももの付け根を通って身体の中心へ滑っていく。
そして恐る恐る、さつきの手がジーンズ越しにワイのち◯ぽをさわった。

ワイ「あっ」
さつき「あっ...これ?」
ワイ(コクコク)
さつき「すごいなあ、こんなに大きくなるんやなあ」

さつきは大きさと形を確かめるように、ワイのチ◯ポを撫でた。最初はそっと、だんだん、しっかりと押し付けるように。
恥ずかしくて死にそうやった。


126:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)04:06:52 Ckc

それからさつきは、ズボン脱いで?と言ってきた。
なんかもう腰砕けになってもうたワイは、
さつきに言われるままジーンズのジッパーをおろしてズボンを脱いだ。中にはボクサーパンツはいとったんやけど、
がちがちになったチ◯ポは生地を破れそうなほど押し上げとって、しかも恥ずかしいことに、興奮しすぎてカウパーが漏れて、小さく染みができとった。

さつき「なんやこれ、おしっこ?」
ワイ「そんなわけないやろ!」
さつき「じゃあなにこれ?」
ワイ「...」
さつき「射精した?」
ワイ「違う...違うんや...」

さつきは興味津々という感じで、ワイはもう殺してくれと言う気分になりながらなんとかさつきに説明しようとした。

ワイ「あの、あのな、これは射精する前に出てくるもので、精液とは別なんやけど、その、エロいときにしか出てこんものや」


127:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)04:15:41 Ckc

さつきはふーんと言いながら、食い入るように盛り上がったパンツとその染みを見とった。 それから、パンツ下ろしてええ?とワイに聞いてきた。ワイはまた頷いた。

さつきの指がパンツのゴムにかかって、だんだん下に下ろされる。だんだん濃い下の毛が出てきて、それからついに、大きく堅くなったそれがパンツから出てきた。

さつき「わあ...すごい...」
ワイ「そんなジロジロ見んといてや...」
さつき「あ、隠さんでよ、ちゃんと見せて」
ワイ「んなこと言うたかて恥ずかしいんや...」
さつき「大丈夫、恥ずかしくないから、見せて」


128:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)04:21:50 Ckc

さつきはそっと、ワイのものに触れた。さつきの指が触れたところが電気が走ったような気がして、びくん、となった。
痛い?と聞いてきたさつきに、気持ちいいんや、と言いたかった。言えへんかったけど

さつきは全体ひととおり撫でていった。竿の部分、裏を根元から裏筋のところまでゆっくり、普段は余っとる皮のとこ、それからかり亀頭


129:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)04:28:15 Ckc

さつきがチ◯ポってどんなものなんか確かめてるんやなとわかった。でもわかってたからといって、
さつきが触る度に快感で身体がビクッとしてまうのは抑えられんかった。

さつきはひととおりチ◯ポを撫でると、今度はタマを撫で始めた。これは完全に不意討ちで、ワイは女の子みたいな声を出してまった。
普段風呂で洗うくらいしかしてへんタマを、誰かに触られるのがこんなに快感やと思わんかった。


130:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)04:36:06 Ckc

さつき「わっ、あんたそんな高い声でるんや」
ワイ「あほ!あほ!」
さつき「なんやかわいいなぁ」
ワイ「っ~~」
さつき「ゴムある?つけてもらってええ?」
ワイ「...うん、待って」
さつき「つけるとこも見せて」
ワイ「...かんにんして...」

結局、ゴムつけるとこも見られた。実際使ったことないからめちゃくちゃ手間取って、それもさつきに全部見られた。泣きそうやった。
なにが情けないって、ゴムつけるひとつ付けるのにさつきに励まれながらやったことや。ワイの人生の汚点や


131:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)05:00:57 Ckc

ゴム着けたいうことは、射精見せての合図みたいなもんやった。さつきは、どうさわったらええ?と聞いてきた。
ワイは恥ずかしさをどうにかこらえながら、ちょっとずつさつきにさわりかたを教えていった。

さつき「握るの?こう?」
ワイ「っ...うん、そうそう」
さつき「で、動かすの?」
ワイ「違う違う、レバーみたいに倒すんやなくてこう、上下に」
さつき「こう?」

上下にピストンすることをさつきが覚えたあとは、もうワイは声抑えるのに必死やった。
好きな女の子に自分のいやらしいとこ全部見られて、触られて、死ぬほど恥ずかしいのに気持ちよくておかしくなりそうやった。
チ◯ポに与えられる快感で、だんだん腰の奥のほうがジーンと熱くなってきて、ワイはさつきに小さな声で、もう出るって訴えた。さつきは、ええよ、このまま出して。と笑った。
痛いくらいの快感が下半身を走った。さつきの手のひらの動くのに合わせて、ドクン、ドクン、ってチ◯ポの奥から熱いものが上がってきた。大きくチ◯ポが跳ねて、びゅーっとゴムのなかに精液があふれだした。今まで感じたことがないくらい快感で、目を開けていられんかった。


132:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)05:04:20 UH2

見てるで


133:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)05:11:15 Ckc

さつきはしばらく、手を止めてくれんかった。ワイは急に敏感になったチ◯ポに触られるのがつらくなって、夢中になってるさつきを何度も呼んだ。

ワイ「さつきっ、さつき、なあ、さつき」
さつき「あ、ごめん、痛かった?」
ワイ「射精したらもっとやさしくして...」
さつき「ごめん、大丈夫やった?」
ワイ(コクン)
さつき「すごい、これが射精なんやね、みてみこれ、いっぱい出たで」

ピンクのコンドームの中に、これまでないくらいの精液が出ていた。いちごミルクみたいやとさつきが言って、なんやねんそれ、と息も絶え絶えに言うたのを覚えてる。

これがワイとさつきが初めて、直接エロいことした最初の体験やった。


195:名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)18:12:49 QQJ

>>133と134の間にその話を入れなあかんかったんやけど、すっかり忘れとった。


134:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)05:12:40 Ckc

今日はこれで終わりや、ぐあーエロシーン書くの疲れるし難しい...

ほなまた、今度はいつになるかまだ決まっとらんので、とりあえず明日報告にだけくるわ


135:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)05:13:10 noN

>>134
楽しかったで


138:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)05:21:45 Th1

ええんやで


139:名無しさん@おーぷん:2015/07/13(月)05:39:08 UH2

お疲れやで



(エイト) 8(eight)10color 裏ボア マウンテンパーカー コットン ジャケット アウトドア L ネイビー(エイト) 8(eight)10color 裏ボア マウンテンパーカー コットン ジャケット アウトドア L ネイビー



Amazonで詳しく見る by AZlink

このエントリーをはてなブックマークに追加
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~ Powered By 画RSS

コメント

1 .名無し2016年02月20日 11:50▼このコメントに返信

この記事たまらんです
次も楽しみ

トラックバック

aaaaaaaa